TOP  納入事例  店舗・商業施設  ハウステンボス 様 5D MIRACLE TOUR

ハウステンボス 様 5D MIRACLE TOUR

正面と上下左右にSHARP製液晶ディスプレイが施されたアミューズメント施設で
音を反射させて拡声させる方法に成功。

2011年4月オープン

座席前のセンタースピーカー JBL PROFESSIONAL“VRX928LA”/客席後方のサラウンドスピーカーとサブウーファー サラウンドスピーカー( 右端、左端):CODA AUDIO“D5-Cube”サブウーファー( 中2 台):JBL PROFESSIONAL“VRX918S”

シアター/階下にあるアンプラック/外観

舞台形状を自在に変化する小劇場

ハウステンボス様は、古くから異文化の玄関として栄えた長崎にオランダの町並みを再現したテーマパークです。敷地面積は152万平方メートルと日本最大の規模を誇り、“見る・遊ぶ・体験する”ができる施設を多く擁しています。近年は、単なるテーマパークにとどまらず、民間企業や地元の自治体とともに「観光ビジネス都市」を目指しています。また、「定住型都市」として、所在地は佐世保市の町名になっています。

ノイズが少ない、移動しやすい、操作性が良い

2011年4月、映像アトラクション施設「5D MIRACLE TOUR (ファイブディー・ミラクルツアー)」がオープンしました。前面、上下、左右の壁面に156台のSHARP製60V型液晶ディスプレイを設置。幅8m×高さ4.5m×奥行13mの大画面に映し出される美しい映像空間で、リアリティと迫力に満ちたバーチャル体験を楽しめます。


通常は客席に向けてスピーカーを設置しますが、液晶ディスプレイの上に設置するとせっかくの映像の臨場感が失われます。映像の臨場感を保ちながら拡声するため、反射を利用してL/C/Rのサラウンド音声を届けるという手法を採用。そのため、スピーカーの選定と設置に厳しい条件が課せられました。1. 最良な反射が得られるよう、指向角度が狭いこと 2. 反射による減衰を抑えるため、出力音圧が大きく高域のドライブ能力が高いこと 3. 設置スペースが限られているため、コンパクトな筐体であること この条件を満たしたのがJBL PROFESSIONAL の“VRX928LA”でした。指向角は水平100°×垂直15°、最大出力音圧122dB SPL、幅918×高さ230×奥行268mmのラインアレイ用のモジュールを1つずつL/C/Rに配置しました。センターは横置き、狭い指向角を生かすためL/Rは縦置きにし、上下左右の微調整ができる特注金具を用意しました。サブウーファーは、130dB SPLという大音圧で低音の迫力を増強するJBL PROFESSIONAL“VRX918S”。後方の天井に取り付けられました。


これらのスピーカーと床を振動させる装置に送る音声信号をコントロールするのが、BSS Audioのマルチプロセッサー“BLU-160”。デモによる結果を元に、それぞれの周波数特性を調整し、EQ・ディレイ・リミッターなど詳細な設定と制御を1台で行います。


主要な納入機材

■シアター
機材ブランド名製品名
スピーカーJBL PROFESSIONALVRX928LAVRX918S
パワーアンプAMCRONCTs 3000、CTs 1200
 XTi 4000
デジタル・マルチプロセッサーBSS AudioBLU-160
サブハーモニック・シンセサイザーdbx120A
■エントランスおよび展示ホール
スピーカーJBL PROFESSIONALControl 25AV
パワーアンプAMCRONXLS-202(D)
ヘッドセット・マイクロホンDPA4066

【5D MIRACLE TOUR】
〒859-3243 長崎県佐世保市ハウステンボス町1-1   ハウステンボス   スリラー・ファンタジー・ミュージアム内
http://www.huistenbosch.co.jp/