DriveRack PA2

資料&ダウンロード :取扱説明書仕様書

音響出力系マルチプロセッサー

DriveRack PA2前面パネル

DriveRack PA2背面パネル

 

DriveRack PA2 円(税抜 円)1U

特長

  • 最大ステレオ3-Wayスピーカーを駆動するPAシステムの、ミキサー~パワーアンプの間に必要となる全ての信号処理機能をEIA 1Uの筐体に内蔵。パワード・スピーカーにも対応。
  • ディスプレイの表示に従い設定を進めていくことで最適なセットアップを完了できるウィザード機能を搭載。3つのウィザードを用意しており、事前にシステム設定ウィザードを実行して結果を本体に保存し、会場で他のウィザードを実行すれば、効率的なセットアップが可能。
    • システム設定ウィザード
      • スピーカーやパワーアンプのモデル名および構成等を選択していくだけで、クロスオーバー、パラメトリックEQ、極性、リミッター、出力ディレイを最適な値に自動設定。また、パワーアンプの推奨ゲイン設定もディスプレイに表示。選択できるモデルにはJBL PROFESSIONALやAMCRONをはじめとして主要メーカーの様々な製品が含まれており、最新のリストに更新も可能。
    • オートEQ/レベルアシスト・ウィザード
      • オプションの測定用マイクロホンを使用して音響調整を実行。オートEQでは31バンド・リアルタイムアナライザーで音場を測定し、パラメトリックEQで周波数特性を自動補正。
      • フラットはもちろん用途や会場に適した補正も可能。またレベルアシスト・ウィザードでは、音圧レベルを測定し、スピーカーのレベルやLRバランスを分析。最適なパワーアンプのゲイン設定をディスプレイに表示。
    • AFSウィザード
      • ハウリングを意図的に発生させることで、会場のハウリングポイントに固定のノッチフィルターを自動で挿入。
  • 従来のDriveRackではグラフィックEQで行っていたオートEQを、DriveRack PA2では8バンドのパラメトリックEQで実行。より多くの項目を、より詳細に設定できるため、音場補正の精度が大幅に向上。用途に合わせて音質を調整する31バンドのグラフィックEQも装備。
  • ハウリング・サプレッサーには、世界的に評価の高いハウリング制御アルゴリズム「AFS」の最新版を搭載。素早く正確にハウリングを検知し、最適なノッチフィルターを挿入するため、音質への影響を最小限に抑えながらクリアなサウンドを維持。12個のノッチフィルターは、固定フィルターとしてはもちろん、マイクロホンの移動時も追随できるライブフィルターとしても使用可能。
  • dbxの音質を継承したコンプレッサーやリミッターをはじめ、サブハーモニック・シンセサイザーや入出力ディレイを搭載。クロスオーバーのフィルターは、バターワースとリンクウィッツ・ライリーの計12種類を用意。ADコンバーターには独自の“Type IV”方式を採用し、ダイナミックレンジを拡大。
  • DriveRack PA2を、携帯端末やPCを使用してワイヤレスで制御するためのアプリケーション「PA2 Control App」を用意。会場を歩き回り、実際の音を聴きながらサウンドを調整可能。
  • 本体には75個のユーザー設定を保存でき、「PA2 Control App」を使用することで携帯端末やPCにバックアップを作成することも可能。
  • 出力ごとにミュートボタンを装備。全ての出力をミュートさせた状態で起動する機能も搭載。
  • 入出力ごとに、レベルメーターやクリップLED、スレッショルドLEDを装備。「PA2 Control App」からも確認可能。
  • ディスプレイはバックライト付きで、各ボタンをONにするとLEDが点灯するため、暗い会場での操作ミスを防止。
  • 2入力6出力のステレオ構成で、入力感度は+4dBuまたは−10dBVに設定可能。
  • 前面パネルのロック機能はもちろん、携帯端末やPCからの操作をパスワードでロックする機能も搭載。

専用アプリケーション「PA2 Control App」

DriveRack PA2をワイヤレスでコントロールするための専用アプリケーション。

  • 携帯端末やPCをWi-Fiで接続すれば、会場を歩き回り、実際の音を聴きながらサウンドを調整できます。
  • また、PCを有線で接続することも可能で、より大きな画面でセットアップが行えます。
  • 「PA2 Control App」は、綿密に設計された鮮やかなグラフィックにより優れた視認性を獲得しており、直感的な操作が可能です。
  • iOSやAndroid OSの携帯端末、およびMac OSやWindows OSのPCに対応しています。
    ※「PA2 Control App」をワイヤレスで使用するためには、Wi-Fi対応の携帯端末またはPCおよびDHCPサーバー機能をもつ無線ルーターが、有線で使用するためにはPCおよびDHCPサーバー機能をもつ有線ルーターまたはスイッチングハブが別途必要です。


PA2 Control App パラメトリックEQの設定画面
パラメトリックEQの設定画面
グラフィックEQの設定画面
グラフィックEQの設定画面
AFSウィザードの完了画面
AFSウィザードの完了画面
クロスオーバーの設定画面
クロスオーバーの設定画面
ユーザー設定(プリセット)の管理およびバックアップ画面
ユーザー設定(プリセット)の管理およびバックアップ画面
信号レベルのモニタリング画面
信号レベルのモニタリング画面

■動作環境

  • iPad、iPod touch、iPhone
    • OS: iOS 7.0以降
    • 対応機種: iPad 2以降、iPod touch 第5世代以降、iPhone 4以降
  • Android
    • OS: Android OS 4.0.3以降
  • Mac PC
    • OS: OS X 10.7(Lion)以降
    • CPU: Intel製プロセッサー
    • メモリー: 1GB RAM以上
    • HDD空き容量: 25MB以上
    • GPU: OpenGL 1.5以降
  • Windows PC 
    • OS: Windows XP※/Vista/7/8、(32/64bit)
    • CPU: Pentium 4以降または同等以上のプロセッサー
    • メモリー: 1GB RAM以上
    • HDD空き容量: 25MB以上
    • GPU: OpenGL 1.5対応グラフィックカードおよびドライバー

※Windows XPは、マイクロソフト社のサポート終了に伴いセキュリティーの脆弱性が高まっているため、極力他のOSの使用をお勧めします。また、Windows XP上で起きたトラブルに関しては十分な対応ができない場合があります。ご了承ください。


仕様

音声入力 チャンネル数 2
端子・型式 XLR、電子バランス
インピーダンス 50kΩ
最大レベル +20dBu
RTAマイク入力 チャンネル数 1
端子・型式 XLR、電子バランス
ファンタム電源 15V
音声出力 チャンネル数 6
端子・型式 XLR、電子バランス
インピーダンス 120Ω
最大レベル +20dBu
AD-DA変換 24bit、48kHz
周波数特性 20Hz〜20kHz(±0.5dB)
THD+N 0.003%(+4dBu、1kHz、0dBゲイン)
ダイナミックレンジ 107dB(ウェイトなし)
電源 AC100V、50/60Hz
消費電力 22W
寸法(W×H×D) 482×44×149mm(除突起部)
質量 2.4kg

●シグナルパス

シグナルパス
※クリックで拡大


オプション

RTA-M

測定用マイクロホン

このサイトには、税込価格(税率8%)と税抜本体価格を併記しています。