TOP  お知らせ  2012年  JBL PROFESSIONAL “VTX SERIES”を発売

JBL PROFESSIONAL “VTX SERIES”を発売

2012年6月12日
ここに掲載されている情報は、発表日現在のものです。
古い情報や、発売を終了した商品が掲載されていることがあります。
詳細はお問い合わせください。


JBL PROFESSIONAL “VTX SERIES”

出力密度を極限まで高めたラインアレイ・スピーカーシステムの最上位モデル

ヒビノ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:日比野晃久)は、JBL PROFESSIONAL(ジェイビーエル・プロフェッショナル)のラインアレイ・スピーカーシステム“VTX SERIES”を2012年6月20日より順次発売します。VTX SERIESは最新のスピーカー設計技術を採用し、出力性能を向上させながらキャビネットのサイズと質量を極限まで抑えました。出力音圧はもちろん歪率特性や指向制御に優れ、最上級の音響品質を必要とする大規模なコンサートツアーや固定設備に最適なスピーカーシステムです。

VTX-V25
 3-Wayラインアレイ・エレメント“VTX-V25”

VTX SERIESの3-Wayラインアレイ・エレメントVTX-V25は、これまでの水準を超える圧倒的な音圧をコンパクトで軽量なキャビネットから出力します。2個の380mm低域ドライバーを搭載しながらキャビネット高を414mm、質量を82.5kgに抑えており、最小限のキャビネット容積で所定のエリアに必要な音圧を届けることができます。客席や撮影ポイントからの視線を遮ることなく、会場の利用率を高めることが可能。吊り下げ時の重量も少ないため、荷重条件の厳しい会場でも多段のラインアレイを使用できます。さらに、少ない人員で短時間にセットアップ可能な上、輸送時の容積も節約できるため、移動の多い大型ツアーの運用コストを低減します。

コンパクトで軽量なキャビネットから最上級の音響出力を取り出すために、VTX SERIESには以下のコンポーネントを搭載しています。

比類ない再現力を備えた高域用D2デュアルドライバー
VTX-V25の高域ドライバーには、2つのコンプレッションドライバーを単一の筐体に結合した独自のD2デュアルドライバーを使用しています。D2は、2つのポリマー製環状ダイアフラムを独立したボイスコイルとネオジムの磁気回路で駆動し、通常のコンプレッションドライバーと比べてダイアフラムの可動重量を削減しました。高域特性が広がってより滑らかになると同時に非直線性の歪みが低減。ボイスコイルの放熱が向上したため耐入力やパワーコンプレッション(実効感度の低下)も改善しています。VTX-V25には、3個のD2デュアルドライバーを搭載しています。
VTX D2ドライバー
新世代の高域ウェーブガイドとRBI (Radiation Boundary Integrator)
3つのD2デュアルドライバーが接続される高域ウェーブガイドは極めて精密に設計され、タイムアラインメントされた可干渉性(コヒーレント)の波面を作り出します。ウェーブガイドに統合された共鳴チャンバーにより、中域部からの背圧によるスロートでのキャンセルが減少しました。高域ウェーブガイドと4つの中域ドライバーは独自のRBI(Radiation Boundary Integrator)に取り付けられ、中高域を歪みなく滑らかに統合します。水平方向の指向特性は極めて滑らかになり、安定した指向制御が可能になりました。垂直方向の放射面はエンクロージャー端まで広がり、キャビネットの結合角度が10度と大きい場合にも最適な出力性能を得ることができます。 VTX 高域ウェーブガイド
出力密度を高めるアルミニウム製フロントバッフル
キャビネット高を抑え垂直方向の結合性能を改善するために、鋳造アルミニウム製のフロントバッフルを新たに設計しました。軽量で放熱に優れ、コンポーネントの実装密度を高めながら比類ない音圧を可能にしています。

軽量化と高出力を両立する中低域用ディファレンシャル・ドライブ
2つのボイスコイルで駆動する独自のディファレンシャル・ドライブ方式のコーントランスデューサーを中域と低域に搭載しています。ディファレンシャル・ドライブはボイスコイルの放熱に優れ、均一なインピーダンス特性が得られるため、耐入力が増加し高域特性が向上します。さらに、ネオジム磁石を使用し磁気帰還経路の鉄を削減したため、軽量化を両立。VTX-V25には4個の中域ドライバー2469Hと2個の低域ドライバー2267Hが搭載されます。

ディファレンシャルドライブ
短時間で効率的な設置を可能にするS.A.F.E.サスペンションシステム
シンプルな金具でキャビネットを結合するS.A.F.E.サスペンションシステムは、多段アレイの組み立てにかかる作業時間を短縮します。保護カバーと一体のドリーボードにより効率的な作業が可能で、キャビネットの移動とアレイの吊り上げを素早く安全に行えます。 S.A.F.E. イメージ

VTX SERIESは、完結したSRシステムとして提供されます。サブウーファーは、逆カーディオイドにアレイ構成できるサブウーファーを2機種ラインナップ。吊り下げての使用も可能なVTX-S28と、地上でのスタックでのみ使用するよう設計したVTX-G28を選択できます。最良の音質を引き出す専用のDSPプリセットデータをCROWN I-TECH HD Seriesパワーアンプ用に用意。アレイ構成時のシステム性能を予測する音響モデリングソフトウェアLine Array Calculatorや、SRシステム全体の設計と設定を劇的に効率化するソフトウェアPerformance Managerも利用可能です。


商品名 カテゴリー 標準価格 発売日
VTX-V25 3-Way
ラインアレイ・エレメント
2,730,000円
(本体2,600,000円)
2012年6月20日
VTX-S28 サブウーファー
(吊り下げ可能)
1,155,000円
(本体1,100,000円)
2012年6月20日
VTX-G28 サブウーファー
(グラウンドスタック専用)
945,000円
(本体900,000円)
2012年6月20日
VTX-V25-ACC VTX-V25用カバー
およびキャスターボード
157,500円
(本体150,000円)
2012年6月20日
VTX-V25-ASP VTX-V25用
音響スペアパーツキット
577,500円
(本体550,000円)
2012年6月20日
VTX-V25-MSP VTX-V25用
機構スペアパーツキット
399,000円
(本体380,000円)
2012年6月20日
VTX-S28-ACC VTX-S28用カバー
およびキャスターボード
194,250円
(本体185,000円)
2012年6月20日
VTX-G28-ACC VTX-G28用カバー
およびキャスターボード
220,500円
(本体210,000円)
2012年6月20日
VTX-V25-AF VTX-V25/S28用
アレイフレーム
価格未定 近日発売予定
VTX-V25-SF VTX-V25/S28用
ショートフレーム
価格未定 近日発売予定
VTX-V25-VT VTX-V25用
垂直トランスポーター
価格未定 近日発売予定
VTX-S28-VT VTX-S28用
垂直トランスポーター
価格未定 近日発売予定
VTX-VT-FL 垂直トランスポーター
フォークリフトアクセサリー
価格未定 近日発売予定
Performance Manager SRシステム用ソフトウェア 価格未定 近日発売予定


VTX SERIESの詳細は、ヒビノ株式会社 ヒビノプロオーディオセールス Div.までお問い合わせください。


■お問い合わせ
お客様のお問い合わせ窓口  TEL:03-5783-3110  FAX:03-5783-3111
報道関係のお問い合わせ窓口  TEL:03-5783-3114  FAX:03-5783-3111


■仕様 
VTX-V25 VTX-S28 VTX-G28
形式
3-Way
ラインアレイ・エレメント
サブウーファー
(吊り下げ可能)
サブウーファー
(グラウンドスタック専用)
周波数レンジ
(-10dB)
35Hz~20kHz 24Hz~400Hz 22Hz~160Hz
周波数特性(±3dB) 41Hz~18kHz 27Hz~300Hz 27Hz~120Hz
水平指向角度 90°(250Hz~16kHz)
感度(1W、1m)
低域: 99dB SPL
中域: 103dB SPL
高域: 116dB SPL
96dB SPL 96dB SPL
許容入力
低域: 4,000W
中域: 1,400W
高域: 600W
4,000W 4,000W
ドライバー構成
低域: 381mm (2267H)×2
中域: 203mm (2169H)×4
高域: D2 (2430K)×3
457mm (2269H)×2 457mm (2269H)×2
公称インピーダンス
低域: 8Ω×2
中域: 8Ω
高域: 8Ω
8Ω×2 8Ω×2
寸法(幅×高×奥行) 1,222mm×414mm×613mm 1,219mm×493mm×932mm 1,202mm×493mm×1,202mm
質量 82.5kg 81.6kg 92.5kg