TOP  お知らせ  2012年  CROWN “I-Tech 4x3500HD”を発売

CROWN “I-Tech 4x3500HD”を発売

2012年9月5日
ここに掲載されている情報は、発表日現在のものです。
古い情報や、発売を終了した商品が掲載されていることがあります。
詳細はお問い合わせください。

CROWN “I-Tech 4x3500HD”

大規模ツアーや大型設備に最適な4chの高品位SR用パワーアンプ


ヒビノ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:日比野晃久)は、CROWN(アムクロン)のパワーアンプ“I-Tech 4x3500HD”を2012年9月10日より発売します。I-Tech 4x3500HDは、4チャンネルのパワーアンプと高性能信号プロセッサーをEIA 2Uのコンパクトな筐体に収めており、各チャンネルからは2,400W(4Ω)の大出力を取り出すことができます。高品位で多チャンネルの音響出力が必要とされるコンサートツアーや大型音響設備で、機材スペースと重量を削減しながら音響システムの運用効率を高めることが可能です。

 

I-Tech 4x3500HD

CROWN I-Tech 4x3500HD 4チャンネルパワーアンプ

商品名 ジャンル 標準価格 発売日
I-Tech 4x3500HD パワーアンプ 1,470,000円 (本体1,400,000円) 2012年9月10日


I-Tech 4x3500HDは、4チャンネルの大出力パワーアンプをEIA 2Uの筐体に収めています。各出力は2,400W(4Ω)で、多チャンネルの音響出力が必要なシステムで機材の設置スペースや運送費用を節約することができます。質量は13.2kgと軽量で、移動の多いコンサートツアーの運搬と設置にかかる労力を削減します。小型化と高音質を両立するため、CROWN独自のカスタムIC“DriveCore”をパワーアンプ部に採用しました。DriveCoreは、増幅回路の心臓部となる高精度のクロックや変調、誤差増幅、フィードバックなどの機能を1チップに集積し、自社従来品に比べて500以上の部品を削減しながら優れた過渡特性、小出力時の細部の正確さ、大出力時の低域の精密な追従性を実現しています。電力増幅部はClass-I動作で、小出力時から大出力時まで高い忠実度を維持しています。

I-Tech 4x3500HDは、高性能の信号プロセッサー“BSS Omnidrive HD”を各チャンネルに搭載しています。FIR(有限インパルス応答)によるリニアフェーズ(線形位相)クロスオーバーを利用可能で、3,500以上の係数タップによる極めて正確な減衰特性と位相特性、そして全帯域にわたる低雑音を実現しています。独自の“LevelMAX”リミッターは、音声信号のピーク電圧とRMS電圧に加えて、トランスデューサー温度のシミュレート値を用いてパワーアンプ出力を制御します。ピークリミッターおよびRMSリミッターのスレッショルド値を高めに設定することができ、ダイナミック・レンジを確保しながらトランスデューサーを効果的に保護します。高品位のコンプレッサー、イコライザー、ディレイの各機能も装備し、I-Tech 4x3500HDだけで音響出力系の信号処理を完結させることができます。

I-Tech 4x3500HDは、大規模なシステムで多くの出力系統を効率的に管理する機能を搭載しています。HiQnetプロトコルのネットワーク機能を標準装備し、数百台のパワーアンプを単一のPCから簡単に制御・監視できます。iPadおよびiPhone用アプリケーションを利用すれば、パワーアンプのミュートやレベルをスピーカーの設置場所から制御でき、出力系統のチェック作業を効率化可能。さらに、I-Tech 4x3500HDには、接続されたスピーカーのインピーダンス特性を計測するスイープ・ロード・モニター機能を搭載しています。測定用のスイープ信号を本体から発生し、出力端子の電圧と電流の計測値から負荷のインピーダンス特性を計算します。離れた場所にあるスピーカーの短絡や断線を、ネットワーク接続した手元のPCから検知することができるのはもちろん、保存しておいた基準特性と比較することによって経年変化を検出できます。

I-Tech 4x3500HD リア

I-Tech 4x3500HDの背面パネル

I-Tech 4x3500HDの音声入力は、アナログ、AES3、CobraNetに標準で対応します。すべての入力は任意の出力チャンネルへルーティング可能で、AES3入力が遮断された場合にアナログ入力へ自動的に切り替えるといったバックアップ動作も設定できます。また、パワーアンプ出力は、Ch1とCh2、Ch3とCh4をそれぞれブリッジ・モノ動作に設定でき、より大きな出力が必要な場合にも対応可能です。前面パネルにはフルカラーのタッチスクリーンを搭載し、操作・表示機能を向上。プリセットデータの読み込み・書き出しやファームウェアの更新を、USBメモリーを使って前面パネルから行えます。

I-Tech 4x3500HDの詳細は、ヒビノ株式会社 ヒビノプロオーディオセールス Div.までお問い合わせください。

※iPad、iPhoneは、Apple Inc.の商標です。


■お問い合わせ
お客様のお問い合わせ窓口  TEL:03-5783-3110  FAX:03-5783-3111
報道関係のお問い合わせ窓口  TEL:03-5783-3114  FAX:03-5783-3111

 


■I-Tech 4x3500HD仕様

チャンネル数 4
チャンネル出力
(20Hz~20kHz、THD 0.35%)
2,100W×4
2,400W×4
1,900W×4
ブリッジモノ出力 4,200W×2
4,800W×2
周波数特性 (20Hz~20kHz、1W) ±0.25dB
SN比 (20Hz~20kHz、Aウェイト) 108dB以上
THD (1kHz) 0.35%以下
IMD (60Hz、7kHz、4:1) 0.06%以下
ダンピングファクター
(20Hz~100Hz、8Ω)
5,000以上
アナログ入力 インピーダンス 20kΩ(バランス)、10kΩ(アンバランス)
感度 1.22V~6.18V、0.1dBステップ
最大レベル +21dBu
AD変換 24bit、96kHz
デジタル入力 AES/EBU、24bit、32kHz~96kHz
出力コネクター 4Pスピコン×2、8Pスピコン×1 ※
インジケーター Ready、Signal、-20、-10、Clip、Thermal、Fault、Data、Bridge 1/2、Bridge 3/4、Power
電源 AC100V、50/60Hz
消費電力 1/8出力(1kHz、4Ω) 1,700W
寸法(W×H×D) 483×89×431mm (マウント面から)
質量 13.2kg

※ バインディングポストの出力コネクターを出荷時のオプションで選択できます。