TOP  お知らせ  2009年  AMCRON“ I-Tech HD Series”を発売

AMCRON“ I-Tech HD Series”を発売

2009年6月5日
ここに掲載されている情報は、発表日現在のものです。
古い情報や、発売を終了した商品が掲載されていることがあります。
詳細はお問い合わせください。

AMCRON“ I-Tech HDシリーズ”

圧倒的な出力パワーと、安全・確実に駆動する多彩な保護機能を搭載した
ライブSR用パワーアンプのフラグシップモデル

ヒビノ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:日比野晃久)はAMCRON(アムクロン: 米国)のライブSR用パワーアンプ “I-Tech HDシリーズ”を2009年6月17日より発売いたします。I-Tech HDシリーズは同社のパワーアンプで最大の出力パワーを獲得しながらも、安全な駆動を約束する多様な保護機能を搭載したSR用パワーアンプです。リミッ ターなどのスピーカー保護用アウトボードを別途接続する必要なく、スピーカーの能力を最大限引き出す迫力の音圧を安全、確実に提供できます。

製品名 カテゴリー 価格 発売日
I-T 12000HD 4,500W × 2 (4Ω) 1,186,500円
( 本体1,130,000円)
2009年6月17日
I-T 9000HD 3,500W × 2 (4Ω) 955,500円
( 本体910,000円)
2009年6月17日
I-T 5000HD 2,500W × 2 (4Ω) 777,000円
( 本体740,000円)
2009年6月17日

■スタジアムクラスも余裕で駆動する圧倒的な出力能力と優れた音響性能を両立
  • 高品位なアウトボードメーカーとして高い評価を集めるBSS Audioの “OMNI Drive HD”DSPを搭載。スピーカーチューニングに最適なIIRフィルターおよび10dBの帯域制御を行えるFIRフィルターを自由に配置できます。さらに信 号処理にはSIMDアーキテクチャーを採用した32bit SHARCチップおよびCirrus Logic製24bit/96kHz AD-DAコンバーターを内蔵。精度の高いフィルタリング技術と解像度の高い原音再現能力により、ライブSRの迫力を余すところなく伝えます。
  • 増幅回路には最新の第3世代Class-Iテクノロジーを採用。熱の発生を抑えな がら最大9000W (I-T 12000HD: ブリッジモノ、8Ω ) の極めて高い出力が可能です。また、内蔵DSPはClass-Iとの互換性を高く設計しているため、アウトボード使用時と比較して約6dBのノイズ改善を 実現。さらに電源回路にはスイッチング電源およびPFC回路を採用することで高い出力パワーを保持しながら本体質量12.7kgの軽量化を実現していま す。
■音響システムを安全・確実に運営する多彩な保護機能
  • オーバーロードや突発的な不具合に確実に動作する新開発のリミッター“LevelMax”リミッターを 搭載。動作状況を常時モニタリングし、過負荷や過熱発生時には瞬時にリミッターが動作することでアンプの駆動能力を最大限発揮しながら安全な運用を実現し ます。さらに動作状況のエラーレポートも記録可能。エラー設定はコンピューターで細かく設定できるほか、エラー状況は本体およびコンピューターで確認でき るためシステム調整時のエラー解析が容易に行えます。その他、接続したスピーカーのインピーダンス/ 周波数を診断する “Sweep Load Monitoring”などスピーカーの能力を最大限引き出すためのモニタリング機能を多数搭載。診断時のリファレンスカーブはコンピューター内に保存で きるため、システム調整後の比較や会場が変わった際のリファレンスとして役立ちます。
■多様な音響システムに柔軟に対応する優れた汎用性
  • 入力端子にはアナログXLR、デジタルAES/EBU、CobraNet を用意し、アナログ/ デジタル問わず多様な音響システムに柔軟に対応。出力端子にはノイトリック製4Pスピコンとバインディングポストを採用しています。
  • USBドライバーを搭載し、コンピューターのない状態でもプリセットの読み込み/ 保存が可能。使用環境が変わる場合もプリセットを保存しておけばシステム設計を素早く簡単に実行できます。さらにJBL PROFESSIONAL製スピーカーのチューニングデーターを内蔵したプリセットをJBL PROFESSIONALのサイト内に多数用意。ラインアレイスピーカーVertecなど、使用するスピーカーのプリセットデーターを読み込めばスピー カーの能力を最大限発揮するシステム設計を短時間で構築できます。

I-Tech HDシリーズはHarman Internationalの提唱する統合ネットワークHiQnetに対応した2chパワーアンプです。専用のソフトウェア “System Architect”を使用してコンピューターと接続すればI-Tech HDの細かい設定まで行えるほか、dbx、JBL PROFESSIONALなどの他ブランドの対応機器も1つのソフトウェア上で設定、管理が行えます。製品の詳細に関しましてはヒビノ株式会社 ヒビノプ ロオーディオセールス Div. までお問い合わせください。

■お問い合わせ
お客様のお問い合わせ窓口  TEL:03-5783-3110  FAX:03-5783-3111
報道関係のお問い合わせ窓口  TEL:03-5783-3114  FAX:03-5783-3111

■仕様
  I-T 12000HD I-T 9000HD I-T 5000HD
ステレオ出力※ 3,750W + 3,750W 2,800W + 2,800W 2,000W + 2,000W
4,500W + 4,500W 3,500W + 3,500W 2,500W + 2,500W
2,100W + 2,100W 1,500W + 1,500W 1,250W + 1,250W
ブリッジモノ出力※ 7,500W 5,600W 4,000W
9,000W 7,000W 5,000W
周波数特性 ( @ 1W、20Hz-20kHz) ± 0.25dB
S/N 比 ( 全帯域、A ウェイト) 108dB 以上
THD ( @ 1kHz) 0.1% 以下
IMD (60Hz ~ 7kHz @ 4:1) 0.35% 以下
ダンピングファクター (20Hz ~ 100Hz、8 Ω ) 5,000 以上
入力インピーダンス ( 定格) 20kΩ ( バランス)、10kΩ ( アンバランス)
入力感度 (RMS、定格出力) 1.28V ~ 8V 可変 (0.1V ステップ)
入力コネクター XLR ( アナログ、デジタル: AES/EBU)、EtherCon (CobraNet)
出力コネクター ノイトリック製4P スピコン、バインディングポスト
ネットワークコネクター EtherCon
インジケーター Fault、Thermal、Clip、-10、-20、Signal、Ready、Power、Bridge、Data
AD-DA変換 24bit、96kHz、内部処理32bit フローティングポイント演算
電源 AC100V、50/60Hz
電源端子 C型コネクター
消費電力 1,950W 1,750W 1,250W
寸法 ( 幅×高×奥行) 483 × 89 × 411mm
質量 12.7kg