TOP  お知らせ・プレスリリース  2015年  AKG “D5 C”を発売

AKG “D5 C”を発売

2015年12月9日
ここに掲載されている情報は、発表日現在のものです。
古い情報や、発売を終了した商品が掲載されていることがあります。
詳細はお問い合わせください。

AKG “D5 C”

定評あるダイナミック型マイクロホン「D5」の
カーディオイド・モデル


ヒビノ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:日比野晃久)は、AKG(エーケージー)社のマイクロホン“D5 C”を2015年12月11日より発売いたします。D5 Cは、クリアな高域と力強い低域で定評あるダイナミック型マイクロホン「D5」の音質はそのままに、指向性をカーディオイドに変更したモデルです。優れた音響性能を備えており、クオリティーの高い収音が可能です。切り替え時にノイズの出ない高品位なON/OFFスイッチを備えた“D5 CS”も用意しました。


    Control HST
左:D5 C / 右:D5 CS      

商品名 標準価格(本体) 発売日 備考
D5 C オープンプライス 2015年12月11日
D5 CS オープンプライス ON/OFFスイッチ付

D5 Cは、クリアな高域と力強い低域で定評あるダイナミック型マイクロホン「D5」の音質はそのままに、指向性をカーディオイドに変更したモデルです。全帯域で均一なカーディオイドの指向特性を備えており、ハウリングを最小限に抑えながらも、口元が正面から多少ずれても音質・音量が大きく変化しない優れた音響性能を獲得。激しい動きを伴うボーカルやマイクロホンを使い慣れていない方のスピーチでも、クオリティーの高い収音が可能です。

D5 Cは、「D5」の優れた音質を踏襲しています。ダイヤフラムの厚みを中心部と外縁部で変えることでダイヤフラムの動きを適切に制御する、AKG独自のバリモーション・テクノロジーを採用しました。透き通るようなクリアな高域を実現するとともに、低域の迫力もありのままに収音。用途や声質を問わず様々なシーンで活躍します。

D5 Cは、過酷な使用環境でもクリアな収音が可能です。最大音圧レベルは160dBにも達し、大音圧の音源にも余裕で対応します。さらに、マイクロホン・カプセルと本体を2枚のゴム製リングで接続することでハンドリングノイズを大幅に低減する、特許保有のダブルフレックス・ショックマウントを内蔵。ポップノイズを低減するメッシュフィルターも搭載しました。

D5 Cは、メタル製ボディーやワイヤーメッシュグリルにより、高い耐久性を獲得しています。また、より長く、より安心してご愛用いただけるよう2年間の長期保証が付属しています※。

商品の詳細に関しましては、ヒビノ株式会社 ヒビノプロオーディオセールスDiv. までお問い合わせください。

※輸入元の保証規定に基づき保証します。


■お問い合わせ
お客様のお問い合わせ窓口  TEL:03-5783-3110  FAX:03-5783-3111
報道関係のお問い合わせ窓口  TEL:03-5783-3114  FAX:03-5783-3111

■仕様

形式 ダイナミック型
指向特性 カーディオイド
周波数特性 20Hz~17kHz
開回路感度 -52dB re 1V/Pa
最大音圧レベル 160dB SPL(THD 0.5%)
インピーダンス 600Ω以下
端子 XLR(3P)
寸法(φ×H) 51×186mm
質量 320g
付属品 マイクホルダー、マイクポーチ