TOP  お知らせ  2008年  BSS AUDIO SoundwebLondon“BLU-100シリーズ”を発売

BSS AUDIO SoundwebLondon“BLU-100シリーズ”を発売

2008年5月16日
ここに掲載されている情報は、発表日現在のものです。
古い情報や、発売を終了した商品が掲載されていることがあります。
詳細はお問い合わせください。
BSS AUDIO
Soundweb London“BLU-100シリーズ”


圧倒的な処理能力で音響システム全体を統合する
デジタル・マルチプロセッサー

ヒビノ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:日比野晃久)は英国BSS AUDIO(ビーエスエスオーディオ) のデジタル・マルチプロセッサーSoundweb London“BLU-100 シリーズ”を2008年5月20日より発売いたします。 BLU-100シリーズは先進のデジタル・オーディオネットワークと高性能なDSPチップを搭載し、 圧倒的な信号処理能力を獲得したマルチプロセッサーです。多チャンネルシステムに対応する拡張性と優れた音響処理能力を備え、 本格的なコンサートから商業空間まで、多様な音響システムに対応します。

製品名 概要 価格
BLU-800 デジタル・マルチプロセッサー
(CobraNet搭載モデル)
オープンプライス
BLU-160 デジタル・マルチプロセッサー オープンプライス
BLU-320 I/Oエキスパンダー
(CobraNet搭載モデル)
オープンプライス
BLU-120 I/Oエキスパンダー オープンプライス



■自由度の高い音響システムを実現する先進のオーディオネットワーク

BLU-100シリーズはBSS AUDIOが独自に開発したカスケードバス「BLU-LINK」を搭載しています。 BLU-LINKはBLU-100シリーズ間で最大256chのオーディオ伝送を行うネットワークです。 BLU-100シリーズを最大32台接続でき、機器間は0.082msの極めて低いレイテンシーで伝送。 ケーブルの断線など突発的な不具合に対応するリダンダント機能も搭載しています。 さらにCAT-5eで最長100m、光メディアコンバーターを使用すれば最長40kmまでケーブルを引き伸ばせるため、 ショッピングモールやスタジアムなどの大規模な空間の音響システムにも余裕を持って対応します。
BLU-100シリーズのマルチプロセッサー(BLU-800、BLU-160)には従来のSoundweb Londonの4倍の処理能力を実現する高性能DSPチップが搭載されています。 DSP能力が増大したことにより、DSPの許す限り好きな位置にエフェクターを配置でき、複雑なルーティングも思いのまま。 極めて自由度の高い音響デザインを実現します。
BLU-100シリーズの音声入出力は総計16系統搭載。4chごとにアナログ/デジタル、入力/出力の仕様をオーダー時に決定します。 必要な音響システムに合わせた仕様にできるため、無駄のない機器の構成が可能です。 また、BLU-800、BLU-320はデジタル・オーディオネットワークCobraNetを搭載。32ch×32ch(48kHz)のデジタル・オーディオ伝送が行えます。



■システムデザインを極めて直感的に行えるソフトウェア
  「London Architect(ロンドン・アーキテクト)」


BLU-100 シリーズの設定は専用のソフトウェア「London Architect」で行います。 London ArchitectはBLU-100シリーズの内部処理のルーティングから音響システム全体の設計を行うソフトウェアです。 ドラッグ&ドロップ、線を延ばして繋げるなど、ドローソフトを扱うような直感的な操作性を実現。 論理回路(ロジック)を利用したプログラム作成も可能なため、スイッチやフェーダーに対応するアクションをロジックで組むことで複雑なシステムの構築も簡単に設計できます。 さらにアンドゥー機能や自動バックアップなど突発的な不具合やエラーの確認に便利な各種フェールセーフ機能を搭載。確実なシステム設計をサポートします。



■BSS AUDIOの高い音響処理技術を凝縮した
  優れたサウンド・クオリティー


BSS AUDIOのアナログ・アウトボードは世界中の放送局、スタジオ、PAカンパニーに導入され、高い支持を集めています。 BLU-100シリーズはBSS AUDIOの高いダイナミクス技術を凝縮し、プロフェッショナルの要望を十分に満たす優れた音響性能を兼ね備えています。 さらに多様な音響システムに対応する豊富なエフェクターを用意。クロスオーバー、コンプレッサーなどの基本的なエフェクターに加え、 店舗BGM の音場制御に便利なルームコンバイン、会議システムに有効なオートミキサーなどを用途に応じて自由に選択できます。

BLU-100シリーズは構築するシステムの用途に合わせて4モデルを用意しています。 BLU-800、BLU-160はDSPチップを搭載したマルチプロセッサー、BLU-320、BLU-120は入出力を拡張するためのI/Oエキスパンダーで、 BLU-800、BLU-320にはCobraNetデジタル入出力を装備。各モデルには18系統のコントロールポートを搭載し、 GPIO互換の外部機器による制御に対応しています。さらにオプションのパネル型リモートコントローラー(4機種)を使用すれば、 それぞれの音場でボリュームなどの制御を個別に行えます。

製品の詳細に関しましてはヒビノ株式会社 ヒビノプロオーディオセールス Div.までお問い合わせください。

オプションのパネル型リモートコントローラー(左:BLU-10、右:BLU-8)

■お問い合わせ
 お客様のお問い合わせ窓口  TEL:03-5783-3110
 FAX:03-5783-3111
 報道関係のお問い合わせ窓口  TEL:03-5783-3114
 FAX:03-5783-3111


■BLU-100 シリーズ システム仕様
  BLU-800 BLU-320 BLU-160 BLU-120
アナログ入力 チャンネル数 最大16ch(カードの構成による)
端子・形式 ユーロブロック、電子バランス
インピーダンス 3.5kΩ
最大入力レベル +20dBu(0dBゲイン)、+8dBu(12dBゲイン)
ファンタム電源 48V(各チャンネルでON/OFF可能)
同相信号除去比 75dB以上(@1kHz)
等価入力ノイズ -128dBu以下(150Ω)
A/Dレイテンシー 0.403ms
デジタル入力 チャンネル数 最大16ch(カードの構成による)
端子・形式 ユーロブロック、AES/EBUもしくはS/PDIF
インピーダンス 110Ω(AES/EBU)、75Ω(S/PDIF)
サンプリングレート 48/96kHz
サンプリングレート変換 8kHz~96kHz
THD+N -140dB以下
レイテンシー 0.031ms
アナログ出力 チャンネル数 最大16ch(カードの構成による)
端子・形式 ユーロブロック、電子バランス
最大出力レベル +19dBu
周波数特性 20Hz~20kHz(+0.5dB/-1dB)
THD 0.01%以下(20Hz~20kHz、+10dBu)
ダイナミックレンジ 108dB(22Hz~22kHz、アンウェイト)
クロストーク -75dB以下
D/Aレイテンシー 0.291ms
デジタル出力 チャンネル数 最大16ch(カードの構成による)
端子・形式 ユーロブロック、AES/EBUもしくはS/PDIF
インピーダンス 110Ω(AES/EBU)、75Ω(S/PDIF)
サンプリングレート 48/96kHz
サンプリングレート変換 8kHz~96kHz
THD+N -140dB以下
レイテンシー 0.031ms
BLU-LINK バス数 カスケードバス最大256ch
端子・形式 RJ-45×2、Ethernetコネクター
最大接続距離 100m(CAT5eケーブル)
最大ノード数 32
レイテンシー 0.041ms
CobraNet 入力チャンネル数 32ch(48kHz)、16ch(96kHz)
出力チャンネル数 32ch(48kHz)、16ch(96kHz)
端子・形式 RJ-45×2
最大接続距離 100m(CAT5eケーブル)
コントロールポート 端子数 12入力、6出力
電圧(Control Input) 0~4.5V
インピーダンス(Control Input) 4.7kΩ~+5V(2ワイヤーモード)、1MΩ(3ワイヤーモード)
電圧(Logic Output) 0/+5V(アンロード)
インピーダンス(Logic Output) 440Ω
電流(Logic Output) 10mAソース、60mAシンク
電源 AC100V、50/60Hz、55W
寸法(突起部含まず)、質量 W483×H45×D318mm、4.1kg