TOP  お知らせ  2000年  JBL PROFESSIONAL、ワークステーション環境に最適なモニタスピーカLSR25Pを発売

JBL PROFESSIONAL、ワークステーション環境に最適なモニタスピーカLSR25Pを発売

2000年5月1日
ここに掲載されている情報は、発表日現在のものです。
古い情報や、発売を終了した商品が掲載されていることがあります。
詳細はお問い合わせください。
JBL PROFESSIONAL “LSR25P”
ワークステーション環境に最適なアクティブ・モニタスピーカ

JBL PROFESSIONAL(ジェイビーエルプロフェッショナル: 米国カリフォルニア州)は、このたびスタジオ用モニタスピーカ“LSR25P”を発表いたしました。LSR25Pは、デジタル・オーディオ・ワークステー ション環境に最適なサイズと、LSR理論による優れたモニタリング性能とを備えた2-Wayアクティブ・モニタスピーカです。

LSR25PLSR25P は、最新のスピーカ・コンポーネント技術とシステム技術を採用し、デジタル・オーディオ・ワークステーション環境や小規模のコントロールルームで、極めて 正確なモニタリングを可能にします。低域ドライバは炭素繊維複合素材をコーンに使用した134mm径で、大きな変位量と低歪率を両立しています。チタン複 合素材をダイアフラムに使用した25mm高域ドライバには、EOS(Elliptical Oblate Spheroidal: 楕円扁球面)ウェーブガイドを組み合わせました。水平±30゜、垂直±15゜の範囲内では、軸上の1.5dB以内に特性が保たれ、軸外でも安定したモニタ リングが可能です。内蔵パワーアンプは低域100W、高域50Wのバイアンプ構成。4次リンクウィッツ・ライリのクロスオーバと合わせて、ドライバの性能 を最大限に引き出します。エンクロージャはアルミニウム・ダイキャスト製で、ポート雑音を低減したリニア・ダイナミクス・アパチャー設計のポートを組み込 んでいます。

LSR25Pはワークステーション境界補正回路を搭載し、CRTディスプレイなどの近くに設置した場合に、低域から中低域の空間特性を 補正することができます。ドライバは磁気シールドされ、映像モニタの近くに設置可能。前面パネルには、電源スイッチと入力レベル・アッテネータ、そしてパ ワーアンプのクリップを表示する2色LEDを搭載しています。さらに、ハイパスフィルタを内蔵し、サブウーファと併用することも簡単です。

LSR25Pは、独自のLSR(リニア・スペーシャル・リファレンス)理論に基づいて設計されています。LSR理論では、あらゆる方向 に放射された全エネルギーを取り囲む球面上でスピーカを測定し、直接音や反射音、残響音を含んだ、リスナーが実際に聞き取る音を音響心理学の原理を応用し て計算します。そして、スタジオでのモニタリング作業が水平±30゜、垂直±15゜の範囲内で通常行われることに着目して設計を最適化。この結果、軸上の 周波数特性だけを測定してきた従来の手法に比べて、より安定した音像や音質を得ることができ、正確なモニタリングが可能になりました。また、軸外特性の劣 化を抑え、スピーカの配置条件を緩和することができます。

LSR25Pは、2000年5月1日より標準価格72,000円(1本)で販売を開始いたします。製品の詳細に関しましては、ヒビノ株式会社AVC販売事業部までお問い合わせください。

■LSR25P仕様

形式 2-Wayアクティブ・フルレンジスピーカ
周波数特性 70Hz~20kHz(+1/-2dB)
指向角度 水平100゜×垂直60゜
最大音圧レベル 連続106dB SPL/1m、ピーク109dB SPL/1m
ドライバ構成 LF134mm×1、HF25mm×1
パワーアンプ出力 低域100W、高域50W(THD 0.1%)
クロスオーバ 2.3kHz、4次リンクウィッツ・ライリ
入力コネクタ XLRメス(+4dBu、バランス)、RCA(-10dBV、アンバランス)
コントロール 入力アッテネーション(0~26dB)、高域レベル(+1.5/0/-1.5dB)、ワークステーション境界補正(On/Off)、ハイパスフィルタ(80Hz)
電源 AC100V、50Hz/60Hz、110W
シルバー
寸法(高×幅×奥行) 269×173×241mm
重量 7.7kg