I-O|FW810S

Firewireオーディオインターフェース

I-O|FW810S

I-O|FW810S
  • Pro Tools 9や10を含む、様々なDAWとの互換性を備えた、オーディオインターフェース。
  • 10入力(アナログ×8、デジタルステレオ×1)、12出力(アナログ×10、デジタルステレオ×1)構成。アナログ入力にはXLR/フォーンジャックのどちらにも対応するコンボ端子を搭載し、2系統はHi-Zに対応した楽器入力仕様。アナログ出力はフォーンジャックで、メイン出力2系統のほか、8系統のAUX出力を搭載。デジタル入出力はS/PDIFを用意。
  • プリアンプにはプロ用アウトボードで高い評価を集めるdbx製低ノイズ/高出力マイクプリアンプを搭載し、優れた原音再現性を獲得。
  • AD-DA変換にはダイナミックレンジを広大に確保するdbx Type IV変換技術を採用。原音の微妙なニュアンスから過大信号までクリップすることなく忠実に再現。
  • 本体にDSPを内蔵し、レコーディング・ソフトウェアに依存せず、ミキサー、イコライザー、ダイナミクス、リバーブを使用可能。イコライザー、ダイナミクスは世界中のレコーディングスタジオで愛用されるdbxのプロセッシング技術を採用し、高品位なモニター信号をレイテンシーなく出力可能。
  • メイン出力に加えAUX出力を8系統搭載しているため、
    バンド編成でのレコーディングなど複数のモニター出力が必要な場合も十分に対応可能。
  • 7.1chサラウンド出力にも対応し、単体のミキサー/プロセッサーとしても威力を発揮。
  • 8系統のアナログ入力の信号レベル、ダイナミクスの動作状況を表示するLEDメーターを本体に搭載。
  • レコーディング・ソフトウェア「Cubase LE4」のほか、ドラム音源ソフト「Toontrack EZ Drummer Lite」、レキシコンの定評あるリバーブプラグイン「Pantheon Ⅱ Reverb」、モジュラーシンセサイザー「XILS3 SE SOFTWARE」をバンドルし、本体の接続後、すぐに楽曲制作が可能。
  • 同梱のミキシングソフト「FW810S Mixer」はアナログミキサーを使う感覚で、本体内蔵のミックス、イコライザー、ダイナミクス、リバーブの設定が可能。設定データーはコンピューターに保存できるため、レコーディング用途ごとに プリセットを作成すればシステム設計を容易に実行可能。

 
FW810S Mixer設定画面

■ 動作環境
  • RAM: 1GB(推奨)
  • ディスプレイ: 解像度1024×768ピクセル以上
  • DVD-ROMドライブ 
  • インターネットアクセス(ソフトウェア認証に必要)
  • ●Windows XP(32ビット)※/
      Vista/7/8(32&64ビット)
    • CPU: マルチコアシステム 
  • ●Mac OS X 10.4〜10.8
    • CPU: Intel・マルチコアシステム

※Windows XPは、マイクロソフト社のサポート終了に伴いセキュリティーの脆弱性が高まっているため、極力他のOSの使用をお勧めします。また、Windows XP上で起きたトラブルに関しては十分な対応ができない場合があります。ご了承ください。

 


仕様

チャンネル数 10入力12出力
アナログ入力 (楽器入力を含む) 端子・形式 コンボ端子(XLR/フォーンジャック)、
バランス
インピーダンス 3kΩ(マイク)、20kΩ(ライン)
ファンタム電源 48V(マイク)
最大入力レベル +22dBu(ライン)
周波数特性 (20Hz〜20kHz) ±1.5dB
THD+N (20Hz〜20kHz) 0.02%
楽器入力 端子・形式 標準フォーンジャック(2P)、アンバランス
インピーダンス 500kΩ
最大入力レベル +10dBu
周波数特性 (20Hz〜20kHz) ±2.5dB
THD+N 0.08%(@4dBu)
デジタル入出力 端子・形式 RCA : S/PDIF、24bit
アナログ出力 端子・形式 標準フォーンジャック(3P)、バランス
インピーダンス 32Ω(バランス)
最大レベル +20dBu
サンプリングレート 44.1/48/88.2/96kHz(ソフトウェアによる)
ダイナミックレンジ (AD-DA変換) 108dB(Aウェイト)
電源 AC100V、50/60Hz
消費電力 30W
寸法(W×H×D) 483×45×250mm(除突起部)
質量 3.5kg

 


このサイトには、税込価格(税率8%)と税抜本体価格を併記しています。