QLI-32

映画音響の臨場感を飛躍的に高める
イマーシブサウンドプロセッサー。


QLI-32
  • Lexicon PRO独自のQuantumLogic(クァンタムロジック)技術を搭載し、映画作品の音声信号をリアルタイムに分析。声や効果音、残響音などの成分をシアターの再生空間情報に従って効果的に再配置することによって、高さ方向にも音場を広げ、観客を包み込むような臨場感・没入感を実現します。
  • 5.1chサラウンドの通常の音源で臨場感を増強します。声はより明瞭に、効果音は細部まで鮮明になり、音像は一段とダイナミックに観客へ到達。上映作品を選ばず、あらゆる作品で再生音場を改善します。
  • 2chステレオ入力にも対応。ステレオ音源に含まれる環境音や残響成分をサラウンド・スピーカーに再配置することによって、ライブやスポーツ会場のスケール感を映画館に再現し、映画以外のコンテンツ(ODS: Other Digital Stuff)の上映品質を改善します。通常の動作モードをオルタナティブコンテンツモードへ切り替えでき、上映内容に合致した臨場感を選択可能です。
  • スクリーン上部に設置するスクリーン・ハイト・スピーカー(Lh、Ch、Rh)、スクリーンスピーカーとサラウンド・スピーカーの間に設置するギャップ・スピーカー(Lg、Rg)、サラウンド・スピーカーの上部壁面に設置するサラウンド・ハイト・スピーカー(Lsh、Rsh)を追加して使用します。サラウンド・ハイト・スピーカー(Lsh、Rsh)と、通常設置されているサラウンド・スピーカー(Ls、Rs)は、スピーカーごとに異なる信号で個々に駆動して臨場感・没入感を増強します。天井へスピーカーを設置しないため、導入にかかる費用と工期を節約可能。スクリーンスピーカー(L、C、R)とサブウーファー(LFE)と合わせて最大32chのスピーカーをQLI-32に接続でき、異なる大きさのシアターに対応します。
  • 既存のシネマプロセッサーとパワーアンプの間に挿入して使用します。音声信号の入出力にはデジタル音声信号バスBLU link※を採用し、多チャンネルの音声を少ない配線で伝送できます。16chのAES/EBUデジタル入力と8chのアナログ入力も用意しています。
  • 1/3オクターブのグラフィックイコライザーをスピーカー出力に、低域パラメトリックイコライザーをサブウーファー出力に装備し、音場調整を精緻に行えます。測定用マイクロホンを接続して、音場調整を自動的に行うAuto EQ機能も搭載しています。
  • 操作は接続したPCのブラウザーから行い、ソフトウェアのインストールは不要です。動作を切り替える接点入力を備え、外部機器との連動も容易です。

仕様

BLU link チャンネル数 入力8、出力32
端子・形式 RJ45×2
サンプリングレート 48kHz
デジタル入力 チャンネル数 8(16ch)
端子・形式 RJ45×2、AES/EBU
サンプリングレート 48/96kHz
アナログ入力 チャンネル数 8
端子・形式 D-Sub 25P、電子バランス
入力レベル 300mV(−20dB FS)
RTAマイク入力 チャンネル数 1
端子・形式 XLR/標準フォーン、電子バランス
インピーダンス 20kΩ(バランス)
ファンタム電源 10V
電源 AC100V、50/60Hz
消費電力 25W
寸法(W×H×D) 483×45×236mm(除突起部)
質量 3.6kg



■QLI-32システムのスピーカー配置

このサイトには、税込価格(税率8%)と税抜本体価格を併記しています。