Si Impact

定評あるSiの操作性と音質を受け継ぐ
多彩な入出力端子を備えたデジタル・ミキサー。

 

ダウンロードタイトル

 


Si Impactは、定評ある「Si Performer」「Si Expression」の優れた操作性や妥協のないサウンドを受け継ぎながらも、多彩な入出力端子を備えたコンパクトなデジタル・ミキサーです。ステージボックスと接続するためのMADI端子や、PCと接続してマルチトラックの録音/再生を行うためのUSB端子を標準で装備しており、様々なシーンで活躍します。Si Impactをワイヤレスで制御するためのiPad用アプリケーション「ViSi Remote」にも対応しています。

 



Si Impact
Si Impact

 

入出力
 

バス
 

※1. ステージボックスを使用してモノラル入力を64chに拡張し、4ステレオライン入力および4FXリターンをそれぞれ8chとカウントした場合の合計値。ファームウェアV2.0以降より対応。それ以前のファームウェアは40chまで。
※2. オプションカードを装着した場合、最大32chのオーディオ信号を送受信可能。
※3. 14モノラルAUXのうち6モノラルAUXは6ステレオAUXに切り替えが可能。
※4. 4モノラル・マトリクスは4ステレオ・マトリクスに切り替えが可能。


様々な機器を直接接続できる多彩な入出力端子。

rear
※クリックで拡大

①MADI端子※1

  • RJ45のMADI端子を標準で装備しており、オプションのステージボックスとCAT5ケーブルで接続するだけで、最大64chの音声信号を送受信できます。重くてかさばるマルチケーブルは必要ありません。
  • ステージボックスの詳細はこちら>>

②USB端子※1/2/3

  • 最大32chの音声信号を送受信できるUSB端子を搭載。Windows PCやMac PCとUSBケーブルで接続すれば、マルチトラックの録音/再生が簡単に行えます。定評あるDAWソフトウェア「Ableton Live Lite」も無償でダウンロードできます。

 

③拡張スロット

  • 各種オプションカードを装着することで、最大32chのオーディオ信号を送受信できる拡張スロットです。Dante、MADI、BLU linkなど、様々なオーディオ・ネットワークに対応したカードを用意しており、既存のシステムやハードウェアとシームレスに統合できます。
  • オプションカードの詳細はこちら>>
Si MADI Cat5 card(左)、Si BLU link card(右上)、Si Dante card(右下)

④アナログ入出力

  • 32マイク/ライン入力、16ライン出力を搭載しています。そのうち8入力はXLRと標準フォーン対応の複合型端子で、フォーンプラグのケーブルもそのまま接続できます。

⑤デジタル出力

  • AES/EBUのデジタル出力を1系統(2ch)装備しています。

⑥ワードクロック端子

⑦HiQnet端子

※1. MADI端子とUSB端子の入出力信号の設定は内部のDIPスイッチで行います。MADI端子を使用して64chの信号を受信する場合、USB端子から信号は受信できません。USB端子から32chの信号を受信する場合、MADI端子から受信できる信号は32chに制限されます。送信は、MADI端子64ch、USB端子32chで固定です。
※2. USB端子を使用してWindows PCと接続する場合は、PCに専用のオーディオ・ドライバーをインストールする必要があります。Mac PCはドライバーは必要ありません。
※3. マルチトラックの録音/再生を行うためには、PCにサードパーティのオーディオ・ドライバーの使用を可能にするデジタル・オーディオ・ワークステーション(DAW)をインストールする必要があります。


直観的なコントロールを可能にする、アナログ・ミキサーのような優れた操作性。

①TOTEMスイッチ

  • アナログ・ミキサーに極めて近い感覚でバスへのミキシングが行えるTOTEM(トーテム、THE ONE TOUCH EASY MIX)スイッチを装備。
  • スイッチを押すと、チャンネルフェーダーがバスへのセンドフェーダーに切り替わるなど、サーフェイス全体がそのバスへのミキシングを行う際に最適な設定に再構築されます。これにより、まるでバスへの出力セクションを備えた大型のアナログ・ミキサーのようなストレスのないミキシングが可能になりました。TOTEMスイッチは、「チャンネルフェーダーからAUXバス」「AUXバス、LRバス、MONO(CENTER)バス、FXバス出力からマトリクスバス」「チャンネルフェーダーからFXバス」のミキシングで利用できます。
  • TOTEMスイッチをONにすると、サーフェイスが以下のように再構築されます
    • チャンネルフェーダーがバスに信号を送るためのセンドフェーダーに切り替わります。
    • ONになっているソロが全てクリアされ、選択したバスのマスターがソロに設定されます。
    • 選択したバスのマスターがMONO/SELフェーダーに割り当てられます。
    • 選択したバスのオーディオパラメーターがACSに表示されます(オプション)。

②フェーダーグロウ・システム

  • 小さいサーフェイスで多くの信号を扱うデジタル・ミキサーでは、レイヤーによってフェーダーの機能を切り替える必要があり、操作ミスが発生する原因となっていました。Si Impactでは、フェーダーの機能に応じて、フェーダー内部のLEDの色が変化するフェーダーグロウ・システムを採用。フェーダーに割り当てられている機能が一目で確認できるため、正確なオペレートが可能です。フェーダーの溝全体が鮮やかに光るため、暗い会場でも迷わず操作できます。
 
リンクされたモノラル入力のチャンネルフェーダー
 
ステレオライン入力のチャンネルフェーダー
 
AUXバスへのセンドフェーダーやAUXバスのマスターフェーダー
(プリ)
 
AUXバスへのセンドフェーダーやAUXバスのマスターフェーダー
(ポスト)
 
マトリクスバスへのセンドフェーダーやマトリクスバスのマスターフェーダー
 
FXバスへのセンドフェーダーやFXバス出力のフェーダー、FXリターンフェーダー
 
グラフィックイコライザー・モードのフェーダー
 
VCAフェーダー

③ACS

  • チャンネルやバスのオーディオパラメーターを、アナログ・ミキサーのように一目で確認・調整できるACS(エーシーエス、Assignable Channel Strip)を搭載しています。ACSは、チャンネル/バスの、ゲイン、HPフィルター、ゲート、コンプレッサー、パラメトリックイコライザー、ディレイ、出力の設定を表示・調整するエリアです。チャンネル/バスのSELスイッチを押すと、そのオーディオパラメーターが即座にACSに表示されます。ACSエリアの各機能は、レイヤーの切り替えなどで働きが変更されない専用のつまみやスイッチを備えているため、アナログ・ミキサーに近い操作性を実現しています。

グラフィックイコライザー

  • 各バスに搭載されたBSS AUDIO製の28バンド・グラフィックイコライザーの設定は、チャンネルフェーダーで行うことができます。100mmストロークのフェーダーで調整ができるので、微細なコントロールが可能です。

ミュートグループ、VCAグループ

  • 各チャンネル/バスのミュートの組み合わせを、ミュートグループとして最大8つまで保存できます。さらに8VCAグループを装備し、複数のチャンネルフェーダーを1本のVCAフェーダーでコントロールできます。

⑥フェーダーの自動ゲイン設定機能

  • ALTスイッチとONスイッチを押すだけで、バスへのセンドフェーダーをユニティーゲインやフェーダー絞りきりに設定可能。オペレーターの手間を低減します。

⑦小型ディスプレイ

  • 小型のディスプレイを備えており、チャンネル名やグループ名、信号レベル、コンプレッサーの減衰量、ゲートの動作状態を表示。フェーダーに割り当てられている機能に応じて色も変化します。

⑧クリア機能

  • 様々なオーディオパラメーターを、それぞれ個別に、または一括で工場出荷時の状態にリセットできる、クリア機能を搭載しています。

インタロゲート機能

  • 機能の一つ一つに物理的なスイッチが搭載されているアナログ・ミキサーのように、各機能のON/OFF状態を一度に確認したり、変更したりできるインタロゲート機能を搭載しています。例えば、HPフィルターのON/OFFスイッチを長押しすると、HPフィルターがONになっているチャンネルのSELスイッチが全て点灯し、複数のチャンネルの設定状態を一度に確認できます。またその状態からON/OFFを切り替えることも可能です。


効率的な運用を可能にする、デジタルならではの多彩な機能。

携帯端末用アプリ「ViSi Remote」「ViSi Listen」
PC用オフライン・ソフト「Si Offline」

  • Si Impactをワイヤレスで制御するための携帯端末用アプリケーション「ViSi Remote」「ViSi Listen」、設定やショーデータの編集をWindows PC上で行えるオフライン・ソフトウェア「Si Offline」を用意しており、操作性や利便性が大幅に向上しました。詳細はこちらを参照してください。

  • 「ViSi Remote」の詳細はこちら>>
  • 「ViSi Listen」の詳細はこちら>>
  • 「Si Offline」の詳細はこちら>>

ViSi Remote

柔軟なバスの設定

  • 14モノラルAUXのうち6モノラルAUXは6ステレオAUXに切り替えが可能。AUXバスへの出力はチャンネルごとにプリ/ポストの切り替えができ、用途に合わせて柔軟な設定が行えます。4モノラル・マトリクスも4ステレオ・マトリクスに切り替えが可能です。
 

バスの設定画面(左)、プリ/ポストの設定画面(右)

チャンネルフェーダーへの割り当て機能と柔軟性の高いパッチシステム

  • 入力、バス出力、VCAを任意のチャンネルフェーダーに割り当てることができます。これにより、使用頻度の高い機能を1つのフェーダーレイヤーにまとめることができ、操作性が大幅に向上しました。また、非常に柔軟性の高いパッチシステムを備えており、全ての入力信号をそれぞれ任意のチャンネルに送ることや、全てのバスの信号をそれぞれ任意の出力端子に送ることが可能です。この2つの機能を組み合わせることで、信号を自在にコントロールできます。
 
チャンネルフェーダーへの割り当て設定画面(左)、
バスの出力パッチ設定画面(右)

コピー/ペースト機能

  • チャンネル間やバス間、エフェクト・プロセッサー間で、ほぼ全てのオーディオパラメーターを素早く簡単にコピー/ペーストできます。ペーストする項目はそれぞれ個別にON/OFFが可能で、調整に掛かる時間を大幅に短縮できます。
     
    チャンネル間のコピー/ペースト画面(左)、バス間のコピー/ペースト画面(中)、エフェクト・プロセッサー間のコピー/ペースト画面(右)

キューとショーの保存機能

  •  設定した内容を保存する手段として、キューとショーの2つの機能を用意しています。キューは、基本的にオーディオパラメーターの設定のみが保存されるため、シーンチェンジやスナップショットとして使用できます。ショーは、オーディオパラメーターの設定はもちろん、キューや一部の基本設定も保存できるので、演目の変更の際に便利です。ショーデータは内蔵メモリーに保存でき、簡単に呼び出すことができます。さらに、USBメモリーを使用すれば他のSi Impactで同じショーデータを簡単に再現できます。

キューリスト(左)、ショーの設定画面(右)

セキュリティー機能

  •  各機能のロック/アンロックの状態をユーザーごとに設定できます。設定の変更やユーザーの切り替えにはパスワードが必要で、不用意な操作による設定の変更を防止できます。
 
 
ロック/アンロックの設定画面

多くのブランドとの共同開発による、妥協のない優れたサウンド。

STUDERと共同開発したDSP

  • SR用ミキサーで高い評価を得ているSoundcraftと、放送局用ミキサーで絶大な信頼を獲得しているSTUDERが共同開発したDSPを使用。音声信号の処理能力を磨き上げ、妥協のない音質と高い信頼性を獲得しています。


 

「Vi1」譲りの高品位プリアンプ

  • SoundcraftライブSR用デジタル・ミキサーのハイエンドモデル「Vi1」譲りの高品位プリアンプを採用。原音の魅力を余すことなく引き出し、温かみのあるブリティッシュサウンドを出力します。


Vi1

Lexicon PRO製エフェクト・プロセッサー

  • 4系統のLexicon PRO製高品位エフェクト・プロセッサーを装備。各プロセッサーは専用のバスを備えており、全てのチャンネルの信号を自由に送ることができます。また、処理後の信号はFXリターンとしてチャンネルフェーダーに立ち上がるため、LRバスやMONO(CENTER)バスはもちろんAUXバスにも出力可能です。エフェクターは、世界中で愛用されているステレオリバーブ14種類を初めとして、ディレイ7種類、エフェクト8種類(コーラス、フランジャー、フェイザー等)の合計29種類を搭載。ディレイタイムを手動で変更できるTAPスイッチも装備しました。


 
エフェクター設定エリア

BSS AUDIO製グラフィックイコライザー

  • 全出力バスには、定評あるBSS AUDIO製の28バンド・グラフィックイコライザーを装備。バスごとに個別に搭載しているため、必要に応じてすぐに使用可能です。


dbx製コンプレッサー
高性能パラメトリックイコライザー

  • ACSエリアのコンプレッサーはdbx製で、原音の響きを損なうことなく思いのままに信号を制御できます。また、Soundcraft製の高性能4バンド・パラメトリックイコライザーを搭載し、微細な調整が可能です。高域と低域はシェルビングとピーキングの両方が利用できます。







仕様

チャンネル・フェーダー数 24
処理可能チャンネル数 80
入出力端子 マイク/ライン入力(XLR) 24
マイク/ライン入力
(XLRと標準フォーン(3P)対応の
複合型端子)
8
ライン出力(XLR) 16
デジタル出力(AES/EBU、XLR) 1(2ch)
MADI(RJ45) 1
USB サーフェイス 2(電源供給用1、データ用1)
背面 1(マルチトラックの録音/再生用)
ワードクロック(BNC、75Ω) 1
HiQnet 1
バス L/R/Cバス 各1
AUXバス 14(8モノラル + 6モノラルまたは
6ステレオ切替)
マトリクスバス 4(4モノラルまたは4ステレオ切替)
FXバス 4
音響性能 周波数特性 20Hz~20kHz (マイク/ライン入力~
ライン出力、±1.5dB)
THD 0.01%以下@1kHz(マイク感度-30dBu)
インピーダンス マイク入力 3kΩ
ライン入力 10kΩ
ライン出力 150Ω(アンバランス)、
75Ω(アンバランス)
最大信号レベル マイク入力 +22dBu
ライン入力 +22dBu
バス出力 +21.5dBu
同相信号除去比 -80dBu@1kHz(マイク/ライン入力、ゲイン最大)
マイク等価入力ノイズ −126dBu(ゲイン最大、150Ωソース)
ハイパスフィルター 40Hz~1kHz
パラメトリックEQ 高域 22Hz~20kHz、±15dB、Q=0.3~6.0、
ピーキング/シェルビング切替
中高域 22Hz~20kHz、±15dB、Q=0.3~6.0
中低域 22Hz~20kHz、±15dB、Q=0.3~6.0
低域 22Hz~20kHz、±15dB、Q=0.3~6.0、
ピーキング/シェルビング切替
オシレーター サイン波(20Hz~20kHz)/
ピンクノイズ
AD-DA変換 24bit、48kHz
内部処理 40bit浮動小数点演算
レイテンシー 0.8ms以下(マイク/ライン入力~
ライン出力)
電源 AC100V、50/60Hz
消費電力 130W
寸法(W×H×D)(除突起部) 751×148×496mm
質量 17kg
※32マイク/ライン入力に加えて、4FXリターンを8chとカウントした場合の合計値。





寸法図

背面パネル




このサイトには、税込価格(税率8%)と税抜本体価格を併記しています。