AKG について

TOP  AKG  WMS40 PRO MINIはカラオケの常識を変える(後編)

WMS40 PRO MINIはカラオケの常識を変える(後編)


先月号に続き、カラオケファン連載の「カラオケ備忘録」などでお馴染みの全日本音楽指導者連合会(全音連)・海沼実会長に、カラオケ市場で好評のAKGワイヤレスマイクを実際に体験していただき、その感想を伺いました。 (前編はこちら)

海沼 実氏 プロフィール
東京都出身。作曲家。一般社団法人全日本音楽教室指導者連合会(全音連)会長、音羽ゆりかご会会長、日本歌手協会理事。「みかんの花咲く丘」「里の秋」などを作曲した海沼實氏を祖父に、童謡歌手の川田正子・孝子姉妹を伯母に持つ。主な著書は「童謡 心に残る歌とその時代」「まだまだ歌は上手くなるⅠ~Ⅲ」「海沼実のうたほん」ほか。

 >>WMS40 PRO MINI 製品ページはこちら


 WMS40 PRO MINIの大きな特徴としてあげられるのは、接続や操作が簡単で誰でもすぐに使えることです。接続は、受信機の出力端子をカラオケ機器の入力端子につなぐだけなので、有線で頑張ってきた人も簡単に切り替えられるでしょうね。そしてワイヤレスマイクを使ううえで一番煩わしいのは周波数の設定でしたが、WMS40 PRO MINIはマイクと受信機の周波数があらかじめ合わせられているため、電源を入れただけですぐに使えました。あとは受信機についているダイヤルでボリュームを調整するだけです。音量を上げ過ぎると赤ランプで教えてくれるのも便利で、誰にでもわかりやすいですね。

 WMS40 PRO MINIは、他のワイヤレスマイクと異なり下の方が細く三角形になっています。このマイクを最初に見た時は丸い筒状ではないので持ちにくいのではないかと思いましたが、そうではなかったですね。私は合唱団の子供達からカラオケのお年寄りまで幅広い人を見ていますが、このマイクは下に行くにつれだんだん細くなっているため、手の小さい女性やお子さんでも中指や人差し指の第2関節がピタリとフィットするので安定感があっていい。丸い筒状のマイクでは指の引っかかりを求めてマイクのヘッドに指を掛ける人もいますが、WMS40 PRO MINIだと指を掛けなくても安定して持てます。そういう意味でも、この形状は正しいマイクの持ち方を教えてくれる気がします。しかも電池1本で軽いので、力の弱い女性やお年寄りでも疲れにくいと思います。また、丸いと転がりやすいですが、三角形だと止まるので、落下による破損も防ぐことができます。

 マイクにミュート機能が付いているのもいいですね。ONとOFFの切り替えだけではノイズが入ったり、切り替えた瞬間の音が飛んでしまう事もありますが、ミュートがあるとマイクの受け渡しの時にも便利ですね。


 また、今回一番特筆すべきはマイク2本セットで実売25000円(税込)という価格です。AKGという高級ブランドがその値段ですから驚きです。普通ならマイク1本セットでも4、5万円は当たり前ですからね。最近はカラオケの機材を揃える際にマイクやスピーカーを別に購入する人もいますが、そういう人にもお勧めです。それと、カラオケのお店などではお客様にマイクを壊されてしまうこともありますが、文句は言いにくいですよね(笑)。でも、この値段ならあまりためらうことなく買い換えられます。そう簡単には壊れないでしょうが、ヘッドの凹んだマイクよりもきれいなマイクで歌ったほうが気持ちいですからね。この使い勝手でこの値ごろ感は大いに評価できると思います。

 WMS PRO MINI2 VOCAL SET DUAL
(ハンドマイク2本セット)
価格:オープン
(市場想定価格:25,000円前後/税込)

 
 WMS40 PRO MINI VOCAL SET
(ハンドマイク1本セット)
価格:オープン
(市場想定価格:14,000円前後/税込)
 
 
 前編 | 後編

※この記事は「カラオケファン 6月号(2016年4月21日)」から転載しています。

   月刊カラオケファン 6月号 ※別サイトに移動します。

 


このサイトには、税込価格(税率8%)と税抜本体価格を併記しています。