TOP  納入事例  スタジオ  株式会社IMAGICA Lab. 様 東京映像センター

株式会社IMAGICA Lab. 様 東京映像センター

各種コンテンツの映像/音響制作を手がける「株式会社IMAGICA Lab.」様。都内事業所の一つ、五反田に位置する東京映像センターは、制作物の最終確認などを行う試写室を大小4部屋有しています。そのうちの第四試写室は30平方メートル程とコンパクトで、主にデジタルシネマ/DCPの品質管理が行われています。その第四試写室のスピーカー・システムを、スタジオ・モニター「7 Series」をはじめとするJBL PROFESSIONAL商品に一新していただきました。システムの構成は7.1chサラウンドで、フロントに708i Passiveを3本、サラウンドに705i Passiveを6本(サイド左右に各2本、バック左右に各1本)設置。サブウーファーには「AE Series」のASB6112を組み合わせ、CROWNのパワーアンプ「DCi Series Network」で駆動しています。

最近の作品は低域に相当なエネルギーがあり、開設以来使用していたニアフィールド・スピーカーではウーファー・ユニットが飛んでしまうこともあったそうです。規定レベルよりも抑えて再生することで負担を軽減したものの、他の大きな試写室との音量差が問題となっていました。システム更新後は、音量差がまったく気にならなくなり、シネマ・スピーカーのダイナミックレンジに非常に近い印象を持たれたそうです。中でも705i Passiveは、5インチの低域ドライバーとは思えないほどの低域再生能力だと高い評価をいただきました。「サラウンドの解像感もとても高くなり、すべてが本当によく聴こえます。」と、大変ご満足をいただいています。

2018年9月運用開始

 

IMAGICA Lab01
▲「IMAGICA Lab.」東京映像センターにある第四試写室。 主にデジタルシネマ/DCPの品質管理で使用される

IMAGICA Lab02
▲フロントの「708i Passive」3本とサブウーファー「ASB6112」

IMAGICA Lab03
▲サラウンド用に「705i Passive」を計6本設置。優れた低域再生能力により、迫力のサウンドを提供
IMAGICA Lab04
▲パワーアンプはフロント・スピーカー/サブウーファー用に「DCi 4|1250N」、サラウンド・スピーカー用に「DCi8|300N」を導入

主要な納入機材 

機材 ブランド名 製品名
2-Wayフルレンジ・スタジオモニター JBL PROFESSIONAL 705i Passive、708i Passive
サブウーファー JBL PROFESSIONAL ASB6112
パワーアンプ CROWN DCi 4|1250N、DCi 8|300N

   

株式会社IMAGICA Lab. 東京映像センター

〒141-0022
東京都品川区東五反田2-14-1
https://www.imagicalab.co.jp/