TOP  納入事例  ライブハウス  Zepp Tokyo 様

Zepp Tokyo 様

上位機種と同等のサウンドとイージーオペレーション。 
大型ライブハウスのSRに即応するDiGiCo“SD8”。

2009年6月運用開始

メインコンソールのDiGiCo“SD8”

Zepp Tokyo

パワー感の確保と明快なオペレーションを重視

音響担当の上野功太さんにお話をうかがいました。
“Zepp”といえば、札幌・仙台・東京・名古屋・大阪・福岡という日本の主要都市に展開し、国内外の有名アーティストが数多 く出演することでも有名な大規模なライブハウス。その中でもZepp Tokyo 様は、収容人数2,709人という最大級の規模を誇ります。大きな会場を大音量で満たしパワー感を確保するということに加え、明快なオペレーションを考慮してシステムを大幅に入れ替え、2009年6月より本格運用を開始しています。

サウンド、操作性、コストパフォーマンス

サウンドと操作性のよさを認められ、メインコンソールとして採用されたのがDiGiCoの“SD8”。正面の視認性に優れたタッチパネルは自由度が高く、乗り込みのオペレーターさんもすぐに慣れてしまうと評判も上々。1セクション12フェーダー×3+マスターというデジタルSRコンソールとしては多くのフェーダーを搭載した使い易い構成で、時間制限が厳しい“コヤ”の現場に即応できます。左上のブランクは本来PC置き場ですが、キューシートなど現場に必須の書類を置く場所としても活躍しています。左右に移動することなく手が届くコンパクトなサーフェスも効率よくオペレーションができる要因のひとつ。また、コストパフォーマンスも高く、アーティストのZeppツアーが頻繁に行われることを考えてシステムの統一を図りたいと考えていた同社の意向に合致し、Zepp OsakaにもSD8を同時導入していただきました。メインスピーカーは、「音楽的なナリ」という表現で評されたJBL PROFESSIONALのラインアレイ・システム“VT4889”。パワーアンプはAMCRONのフラッグシップモデル“I-T 9000HD”が採用されています。

主要な納入機材

機材 ブランド名 製品名
ミキシングコンソール DiGiCo SD8
スピーカー・システム JBL PROFESSIONAL VT4889、VT4880
パワーアンプ AMCRON I-T 9000HD

【Zepp Tokyo】
〒135-0064 東京都江東区青海1丁目3番11号   03-3599-0710   http://www.zepp.co.jp/