TOP  お知らせ  2021年  JBL COMMERCIAL“VMA Series”を発売

JBL COMMERCIAL“VMA Series”を発売

2021年5月13日
ここに掲載されている情報は、発表日現在のものです。
古い情報や、発売を終了した商品が掲載されていることがあります。
詳細はお問い合わせください。
JBL COMMERCIAL
“VMA Series”

メディアプレイヤーを内蔵し思い通りの店内放送が行える
商業施設向けミキサー内蔵パワーアンプ


ヒビノ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:日比野晃久)は、JBL COMMERCIAL(ジェイビーエル コマーシャル)のミキサー内蔵パワーアンプ“VMA Series”を2021年5月19日より発売いたします。VMA Seriesは、入力機器とスピーカーを接続するだけで質の高い放送システムが構築できるミキサー内蔵パワーアンプです。メディアプレイヤーを搭載し、Bluetoothによる再生はもちろんUSBメモリーを使用してアナウンスの録音/再生が可能。思い通りの店内放送が行えます。操作も簡単で、音響機器に詳しいスタッフがいなくても導入が可能です。入出力チャンネル数、出力W数の異なる全5機種を用意しました。

 


商品名 入力
チャンネル数
パワーアンプ出力 標準価格 発売日
チャンネル数 出力W数
(4/8Ω)
VMA 160 5 1 60W 55,000円(税抜 50,000円) 2021年5月19日
VMA 1120 5 1 120W 74,800円(税抜 68,000円)
VMA 1240 5 1 240W 88,000円(税抜 80,000円)
VMA 260 8 2 60W+60W 80,300円(税抜 73,000円)
VMA 2120 8 2 120W+120W 96,800円(税抜 88,000円)

 

VMA Seriesは、メディアプレイヤー機能を内蔵し、思い通りの店内放送が行えます。Bluetooth入力に対応しており、携帯端末に保存されている音源をワイヤレスで再生可能。お客様の持ち込み音源を再生する際に便利です。Bluetoothのバージョンは通信範囲が広くデータの転送速度も速い5.0を採用し、安定した接続を実現しました。また、USBメモリーによる再生/録音にも対応しています。外部機器を用意することなくアナウンスの録音⇒再生までを1台で行えるので、放送内容の変更も簡単です。決まった音声ファイルを定期的に再生する機能も搭載しており、アナウンス放送の自動化もできます。

 
USB端子とBluetoothスイッチ   メディアプレイヤー部

VMA Seriesは、豊富な機能を搭載し、入力機器とスピーカーを接続するだけで放送システムを構築できます。VMA 160/1120/1240は5チャンネル、VMA 260/2120は8チャンネルのミキサー機能を搭載。入力には、信号レベルの切り替えや27Vファンタム電源の供給が可能なマイク/ライン入力端子と、各種再生機等を接続できるライン入力端子を装備しました。前面にも入力端子を備え、イベントなどで一時的に使用する追加マイクロホンの接続に便利です。また、VMA 160/1120/1240は1チャンネル、VMA 260/2120は2チャンネルのパワーアンプ出力を搭載。一般的なロー・インピーダンス接続はもちろんハイ・インピーダンス接続にも対応しているため、複数台のスピーカーを効率よく駆動できます。スピーカー・トランスの飽和を防ぐハイパスフィルターも装備しました。さらにVMA 260/2120は出力ごとに独立してロー/ハイ・インピーダンス接続の切り替えが可能で、接続方式が混在する場合も1台でドライブできます。その他、高域/低域のトーンコントロール機能や、信号のルーティング機能(VMA 260/2120のみ)も備えています。

   
背面の入力端子   前面にも入力端子を装備   各種設定用のDIPスイッチ
 
トーンコントロール   ルーティングDIPスイッチ

VMA Seriesは、最低限の操作で日常の運用が行えるため、音響機器に不慣れなスタッフでも迷わず扱えます。入出力レベルのコントロールつまみやメディアプレイヤー等、実際の運用で使用する機能のみを前面パネルに配置。誤操作を防ぎます。オプションのリモートコントローラーを使えば、離れた場所から出力レベルの操作も可能です。さらに、優先音源に設定されているチャンネルに信号を入力すると、その他の信号の音量が小さくなり、終了するとスムーズに元の音量に戻るダッキング機能を装備。アナウンスや司会者のマイクロホンに設定すれば、音量を自動でコントロールできます。外部接点でチャイム音を鳴らし、優先音源以外の信号の音量を自動で抑制することも可能です。VMA 160/1120/1240では1系統、VMA 260/2120では2系統の信号を優先音源に設定できます。また、出力のインジケーターは、信号のクリップ時には赤く点灯します。つまみの周囲全体が鮮やかに光るため、暗い場所でも信号の状態を一目で確認できます。スピーカーを保護するリミッターも装備しました。

   
オプションのリモートコントローラー
“CSR-V”
  “CSR-V”接続端子   出力つまみとインジケーター

VMA Seriesは、ゴム足や専用ラックマウント金具が付属し、台置き/ラック取り付けの両方に対応しています。伝統あるスピーカーメーカー「JBL PROFESSIONAL」の優れた音質を受け継ぎ、明瞭なBGMと透明感のあるアナウンスを出力し、店舗の魅力を引き立たせます。

VMA Seriesには、より長く、より安心してご愛用いただけるよう2年間の長期保証が付属しています

商品の詳細に関しましては、ヒビノ株式会社 ヒビノプロオーディオセールス Div.までお問い合わせください。

※ 輸入元の保証規定に基づき保証します。

 

■お問い合わせ

お客様のお問い合わせ窓口  TEL:03-5419-1550  FAX:03-5419-1565
報道関係のお問い合わせ窓口  TEL:03-5419-1555  FAX:03-5419-1565

 

■オプション

壁取付パネル型リモートコントローラー
CSR-V 13,750円(税抜 12,500円)
出力レベルの調整が可能。 色は白(-WHT)と黒(-BLK)を用意。 ※黒は受注発注。

 

 

■背面パネル

1チャンネルモデル
※画像はVMA 1240ですが、VMA 160/1120も同様です。
2チャンネルモデル
※画像はVMA 2120ですが、VMA 260も同様です。

 

■仕様

  VMA 160 VMA 1120 VMA 1240 VMA 260 VMA 2120
入力 チャンネル数 5 8
端子・形式 ch1:標準フォーン(バランス)、ch2:ユーロブロック(バランス)、ch3:標準フォーン(バランス)、ch4:ユーロブロック(バランス)/RCA(アンバランス)、MUSIC:RCA(アンバランス) ch1、4:標準フォーン(バランス)、ch2、 5:ユーロブロック(バランス)/標準フォーン(バランス)、ch3、6:ユーロブロック(バランス)/RCA(アンバランス)、MUSIC1、2:RCA(アンバランス)
インピーダンス LINE:20kΩ(バランス)、MIC:400Ω、RCA:50kΩ
最大入力レベル +20dBu
ファンタム電源 27V(ch2、4のユーロブロックのみ) 27V(ch2、3、5、6のユーロブロックのみ)
データ
入力
USB 端子:Type A、対応ファイル形式:MP3
Bluetooth 通信方式:Bluetooth標準規格Ver.5.0、対応コーデック:AAC、
SBC 最長通信距離:見通しのいい状態で約20m
パワー
アンプ
出力
チャンネル数 1 2
チャンネル
出力
4/8Ω 60W 120W 240W 60W+60W 120W+120W
70/100V 60W 120W 240W 60W+60W 120W+120W
端子 ねじ止め
周波数特性
(20Hz~20kHz、4/8Ω)
±2dB
SN比 76dB以上(Aウェイト)
THD 0.5%以下(20Hz~20kHz、パワーアンプ出力)
電源 AC100V、50/60Hz
消費電力
(1/8出力、ピンクノイズ、4Ω)
63W 118W 200W 120W 200W
寸法(W×H×D) 432×88×402mm(除突起部)
質量 8.5kg 9.3kg 12kg 11kg 13kg
付属品 3ピン・ユーロブロックコネクター、5ピン・ユーロブロックコネクター、フロントアングルブラケット×2、リアフラットブラケット×2、リアアングルブラケット×2、金具固定ねじ(小)×12、金具固定ねじ(大)×4、スプリングワッシャー×4、ワッシャー×4、電源コード、和文取扱説明書 3ピン・ユーロブロックコネクター×2、 5ピン・ユーロブロックコネクター×2、 フロントアングルブラケット×2、リアフラットブラケット×2、 リアアングルブラケット×2、金具固定ねじ(小)×12、金具固定ねじ(大)×4、 スプリングワッシャー×4、ワッシャー×4、 電源コード、和文取扱説明書
※1kHz、THD 0.5%以下