JBL PROFESSIONAL について

TOP  JBL PROFESSIONAL  LSR2325P

LSR2325P

本製品は、メーカー生産完了品です。

精緻なモニタリングを可能にするプロフェッショナルモデル

LSR2325P

LSR2325P2本1組

特長

JBL PROFESSIONAL独自のLSR理論を投入し、正確な音像定位と自然な音質で精度の高いモニタリングを実現するスタジオモニター・スピーカーシステム。クラスを超えた高音圧と広い再生帯域を実現しており、シネマやHDTVなど、ダイナミックかつ繊細な描写が求められる音楽制作にも十分対応可能な音響性能をコストパフォーマンス高く提供します。

  • LSR理論を導入
    上位機種で高い評価を受けているJBL PROFESSIONAL独自のLSR(Linear Spatial Reference)理論を導入しています。多くのモニタースピーカーで採用されている軸上特性だけを考慮した設計手法と異なり、スピーカーを取り囲む球面上の70の測定ポイントと1200を超えるデーターをもとに設計を施しています。リスナーが実際に聞き取る音を音響心理学を応用して計算し、ミックスポジションにおける正確な音像定位と忠実な音質を実現。精度の高いモニタリングが可能です。

  • クラスを超えた音圧、広い周波数帯域
    高感度のトランスデューサーと高効率な熱冷却システムにより、最大ピーク音圧レベル118dB SPL(ペア)というクラスを超えた音圧を実現しています。また、低域の再生帯域を広げるため、新たに開発した高磁束モーターをトランスデューサーに搭載。再生帯域は43Hz~20kHzにおよび、シネマやHDTVなど広大な再生能力を必要とする音楽制作にも十分対応可能です。

  • 高品位なパーツ
    防磁を施した132mmの低域ドライバーは、チューニングされたポートとの連動により、深みのある正確な低域を生み出します。ネオジム磁石を採用した25mmの高域ドライバーと楕円形の開口部を持つ EOS(Elliptical Oblate Sphroidal)ウェーブガイドは、滑らかな周波数特性を提供します。

  • 日本仕様のパワーアンプ内蔵
    50/60Hz、100Vの日本仕様で、低域用55W/高域用35Wのパワーアンプを内蔵したバイアンプ方式を採用しています。

  • 多様な入力端子
    背面には、バランスXLR、標準フォーン(TRS)、アンバランスRCAの入力コネクターを装備しており、オーディオインターフェイス、ミキシングコンソール、音楽再生機器、レシーバー、映像機器など、プロフェッショナル用から民生用まで多様な機器との接続が可能です。

  • コントローラー装備
    クリック付の回転式レベルコントローラーや高域用と低域用のトリムコントロールも装備。

  • 安定した設置が可能
    底面のネオプレンのゴムパッドは、音響的なアイソレーションを保ち、スピーカースタンドやコンソールの上に設置されたときの安定性を向上させます。また、エンクロージャーのマウンティングポイントを使用した設置も可能です。

寸法

LSR2325P寸法図  ※クリックで拡大

仕様

形式 2-Wayバイアンプ
周波数特性 43Hz ~ 20kHz
クロスオーバー周波数 1.7kHz
最大音圧レベル 101dB SPL/107dB SPL(ペア)
最大ピーク音圧レベル 112dB SPL/118dB SPL(ペア)
入力コネクター XLR(バランス)、標準フォーン(TRS)、RCA(アンバランス)
入力感度 XLR & 1/4 インチ
(-10dBV)
92dB SPL/1m
RCA(-22dBV) 92dB SPL/1m
ドライバー構成 低域 132mm
高域 25mm ダイアフラム径
インピーダンス 低域
高域
パワーアンプ出力 低域 55W(<0.1%THD)
高域 35W(<0.1%THD)
電源 100V、50/60Hz
寸法(W×H×D) 188×300×254mm
質量 7.7kg

このサイトには、税込価格(税率8%)と税抜本体価格を併記しています。