JBL PROFESSIONAL について

TOP  JBL PROFESSIONAL  High Powered ScreenArrays

High Powered ScreenArrays

●5742

4-Wayフルレンジ・スクリーンアレイ

5742
  • 4-Way構成で、最大出力音圧は142dB SPL(ピーク)。クアッドアンプ駆動で、大規模のシアターはもちろん高品位の製作スタジオにも最適です。
  • 中高域と中低域に、8インチ(203mm)のドライバーを計4基使用しています。ディファレンシャル・ドライブ方式を採用し、中域の再現性能をこれまでにない水準に高めています。
  • 2基の低域ドライバーは18インチ(457mm)で、SVG(Super Vented Gap Cooling)技術を採用。低歪率で放熱に優れ、大音圧が連続しても特性の変化は最小です。
  • 高域には、4インチ(102mm)のチタン製ダイヤフラムをネオジム磁石で駆動する、高出力のコンプレッション・ドライバーを使用しています。

 


仕様 

5742
駆動方式 クアッドアンプ
周波数レンジ(−10dB) 25Hz~20kHz
周波数特性(±3dB) 30Hz~19kHz
カバレージ角 水平:90゜、垂直:+20゜/−30゜
最大音圧(1m) 136dB SPL(連続)、142dB SPL(ピーク)
クロスオーバー周波数 220Hz、550Hz、1.3kHz
寸法(W×H×D) 767×2,756×612mm(除突起部)
質量 133kg

低域部 5749
許容入力 1,600W(AES)
感度(2.83V、1m) 104dB SPL
公称インピーダンス 8Ω+8Ω
ドライバー構成 2242HPL
(18インチ(457mm))×2
入力コネクター プッシュ端子
寸法(W×H×D) 764×1,223×612mm(除突起部)

中高域部 5742-M/HF
許容入力 LMF 700W
HMF 700W
HF 150W
感度
(2.83V、1m)
LMF 115dB SPL
HMF 115dB SPL
HF 115dB SPL
公称インピーダンス LMF
HMF
HF
ドライバー構成 LMF 2169H(8インチ(203mm))×2
HMF 2169H(8インチ(203mm))×2
HF 2452H-SL(1.5インチ(38mm))
入力コネクター LMF ねじ止め端子
HMF ねじ止め端子
HF プッシュ端子
寸法(W×H×D) 767×1,533×413mm(除突起部)



■寸法図

●5732

3-Wayフルレンジ・スクリーンアレイ

5732
  • 3-Way構成で、最大出力音圧は136dB SPL(ピーク)。トライアンプ駆動で、大規模のシアターはもちろん高品位の製作スタジオにも最適です。
  • 中域に、8インチ(203mm)のドライバーを2基使用しています。ディファレンシャル・ドライブ方式を採用し、中域の再現性能を高めています。
  • 2基の低域ドライバーは15インチ(381mm)で、VGC(Vented Gap Cooling)技術を採用。放熱に優れ、連続する大音圧を安定して出力します。
  • 高域には、4インチ(102mm)のチタン製ダイヤフラムをネオジム磁石で駆動する、高出力のコンプレッション・ドライバーを使用しています。

 


仕様 

5732
駆動方式 トライアンプ
周波数レンジ(−10dB) 30Hz~20kHz
周波数特性(±3dB) 40Hz~19kHz
カバレージ角 水平:90゜、垂直:+20゜/−30゜
最大音圧(1m) 128dB SPL(連続)、134dB SPL(ピーク)
クロスオーバー周波数 250Hz、1.3kHz
寸法(W×H×D) 767×1,933×452mm(除突起部)
質量 88kg

低域部 5739
許容入力 1,200W(AES)
感度(2.83V、1m) 103dB SPL
公称インピーダンス
ドライバー構成 2226HPL
(15インチ(381mm))×2
入力コネクター プッシュ端子
寸法(W×H×D) 763×883×452mm(除突起部)

中高域部 5732-M/HF
許容入力 MF 700W
HF 150W
感度
(2.83V、1m)
MF 110dB SPL
HF 115dB SPL
公称インピーダンス MF
HF
ドライバー構成 MF 2169H(8インチ(203mm))×2
HF 2452H-SL(1.5インチ(38mm))
入力コネクター MF ねじ止め端子
HF プッシュ端子
寸法(W×H×D) 763×1,054×412mm(除突起部)



■寸法図

このサイトには、税込価格(税率8%)と税抜本体価格を併記しています。