TOP  Soundcraft  Si Compact 製品レビュー② 後編

Si Compact 製品レビュー② 後編

Si Compactの実力を検証する タイトル

前編 | 後編 

>>Si Compact 製品ページはこちら

 


>>レビュー記事一覧

アップデートで追加された機能

 アップデートでは、チャンネルフェーダーへの割り当て機能も追加されました。任意のフェーダーにFXリターンや、AUXバスマスターなどを割り当てることもできるようになって、使いやすくなりました。パッチも自由度が高く、特にアウトが多い現場では重宝すると思います。

コピー/ペーストは一番に欲しい機能でしたが、アップデートでこれも追加されました。チャンネルコピーは以前からできましたが、EQだけ、フェーダーだけ、コンプだけというように項目ごとにもできるようになりました。特に現場で一番使う、モニターのGEQのチューニングをそのままコピーできるのはとても便利です。

イコライザーとエフェクター
 SHIBUYA LOOP ANNEXでの通常のPAは、10の出力バスを使っています。FOHとモニターで6系統、リアスピーカーで2系統、そしてバー用に2系統です。Si Compactで使用できる21のすべてのバスにはBSS製のGEQが付いていて、効きもいいので気に入っています。マトリクスにもGEQが付いているので、外部のGEQは必要ないです。エフェクターはLexicon社のエフェクトを内蔵しているだけあって、上品な音でミックスにも自然に馴染む音です。特にリバーブのSmall HallとVocal Plateをよく使っています。

CUEとSHOW
 Si Compactでは、設定の内容を保存する手段として、CUEとSHOWという2つの機能を装備しています。CUEは基本的にオーディオ・パラメーターのみ。SHOWはそれに加えて基本設定も保存できるので、演目の変更などに便利です。特に、急いでいる現場のときに、名前を入れる作業は後回しにして、ボタン一つでその状態をCUEで保存できるというのはありがたいです。現場のことをよく考えて作られていると思います。実際の業務ではSHIBUYA LOOP ANNEX用に作ったベースのSHOWデータからオペレーター各々でSHOWデータを作成し、その中にアーティストごとのCUEデータを保存しています。

音質
 Soundcraftはアナログ卓の時代からも好きな音でしたが、Si Compactもその伝統の音を受け継いでいると思います。ヘッドルームは優秀ですしS/Nも良いです。私以外のエンジニアも音に関して好感な印象でした。

これからのコンソール
 まだまだSi Compactの全部を使いこなした訳ではないですが、バージョンアップしたことで、小規模のライブハウスや設備用のデジタル卓として、最も使いやすい卓になったと言えるのではないでしょうか。さらに、Si CompactをワイヤレスでコントロールするためのiPad用アプリ※が近日公開されるということです。これを使うとステージや客席など実際の場所で音を聴きながら、パラメーターを操作できるので、さらに使い勝手が良くなります。すでにSi Compact用にiPadを買ってしまったので、待ち遠しい限りです。
※iPad用アプリ『ViSi Remote』は、この原稿を執筆していただいた後に公開されました

SHIBUYA LOOP ANNEX
SHIBUYA LOOP ANNEX

150-0042東京都渋谷区宇田川町13-8 ちとせ会館7F
TEL:03-6277-5032 FAX:03-6277-5035  http://www.loop-annex.com/
         

 

※この記事は「プロサウンド Vol.170 8月号(2012年7月18日)」から転載しています。

プロサウンド8月号  隔月刊プロサウンド Vol.170 ※別サイトに移動します。


このサイトには、税込価格(税率8%)と税抜本体価格を併記しています。