TOP  Soundcraft  Si Compact 製品レビュー④ 後編

Si Compact 製品レビュー④ 後編

Soundcraft Si Compactの実力を検証する

前編 | 後編 

>>Si Compact 製品ページはこちら

>>レビュー記事一覧

操作性だけでなく視認性にも優れたフェーダー・グロウ・システムやTOTEMスイッチなどの独自機能

――― その他に重視した点というと?

松本 入力のチャンネル数もそうですが、出力のチャンネル数とルーティングのやりやすさですね。こういう現場では、VTRの送りなどで意外と出力のチャンネル数を多く使うんですよ。最初はスプリッター的なものを導入しようかという話もあったんですが、「Si Compact」なら計16chの出力チャンネルを備えていて、なおかつ内部で自由にパッチを切り替えることができる。これは大きな魅力でした。
 それとデモ機を試用して、マイク・プリアンプのレンジが広いところもいいなと思いました。マイク入力とライン入力でゲインを切り替える必要がなく、どちらのソースを入力しても連続的に入力レベルを設定することができる。これは非常に便利ですね。
 あとは機動性についても考慮しました。この「Si Compact」は、この宴会場で使用することがほとんどになるとは思うんですが、必要に応じて他の宴会場にも持ち出して使えれば便利だなと考えたんです。その点、「Si Compact」はコンパクトで軽量なので、簡単に移動させることができる。プロセッサー類もすべて内蔵されていますから、設営も容易ですし、このコンパクトさも導入の決め手のひとつになりましたね。今回、移動のことを考慮して、ハード・ケースも一緒に導入しました。

――― 実際に現場で使用されて、「Si Compact」はいかがですか?

松本 やはり操作性は、思っていた以上に素晴らしいですね。操作性もそうですし、視認性が凄くいい。たとえば「Si Compact」には、フェーダー・グロウ・システムという機能が備わっていて、フェーダーの溝にあるLEDの色が割り当てられている機能によって変化するんですよ。たとえばAUXバスへのセンドが割り当てられているときは緑色、グラフィック・イコライザー・モードのときは赤色で点灯する仕様になっているんです。これによってフェーダーの機能を一目見て把握することができる。実際にイベントが行なわれるときは、音響調整室の中は真っ暗になることがほとんどなんですが、そんな環境下でも視認性は凄くいいですね。

長年「K3」を使ってきて、他社のコンソールよりも特に優れていると感じるのは、内部のシグナル・フローの分かりやすさなんです。複雑なバスの流れも、とても分かりやすい。この特長は、新しい「Si Compact」にも見事に受け継がれていますね。

 また、オペレーターの間では、TOTEMスイッチ(編註:The One Touch Easy Mixスイッチ)も好評です。「Si Compact」では、TOTEMというスイッチを押すと、チャンネル・フェーダーがバスへの送りのフェーダーに切り替わり、サーフェース全体がバス・ミキシングに最適化されます。これがかなり便利で、この現場は出力のチャンネル数が比較的多いので、瞬時にバス・ミキシングが行なえるこの機能はとても重宝しています。
 それともちろん、音質も良いです。とにかくヌケが良くて、これまでとは比較にならないサウンドですね。


ACS
「Si Compact」の大きな特徴であり、松本氏も高く評価する「ACS(Assignable Channel Strip)」。ダイナミクスやEQ、出力設定といったチャンネル/バスのパラメーターをアナログ・コンソール感覚で操作することができる

タッチ・スクリーン
カラー表示で、視認性に優れたタッチ・スクリーン。パラメーターをコピー/ペーストししたり、キュー/ショーの保存も指先で簡単に行なえる

TOTEMスイッチ
「ACS」の下に並ぶTOTEMスイッチ。このスイッチを押すだけで、サーフェイス全体がバス・ミックス用に最適化される 

 

Soundcraft K3
現在も常設卓として使用されている
「Soundcraft K3」 

――― 内蔵のプロセッサーに関してはいかがですか?

松本 まだそれほど使い込んでいるわけではないんですが、リバーブなどはとても良いと思います。しかしプロセッサーに関しては、サウンド以上にすべてが内蔵されているというのが嬉しいですね。こういう現場で使うプロセッサーというと、EQとダイナミクス、それとAUXのリバーブくらいなんですが、それらがすべて内蔵されているというのはとても便利。これまではダイナミクスやリバーブは外部機器を使用していたので、それらを接続するだけでも時間がかかりましたから。

――― 今後、活用していきたいと考えている機能というと?

松本 キューとショーの保存機能ですね。やはりオペレーターによってミックスのやり方というのは違うので、それを保存することができるとセッティングの時間を短縮できるのではないかと思います。たとえば、ある企業のイベントがあって、また1ヶ月後に同じ企業のイベントがある場合、「Si Compact」ならまったく同じ設定でイベントに臨むことができる。企業のイベントでもクライアントが音をしっかり聴かれていることが少なくなくて、「この前のイベントは凄く良かったから、今回も同じような音でやってほしい」とリクエストされることもあるんですよ。それがアナログ・コンソールではなかなか難しかったんですが、「Si Compact」のキューとショーの保存機能を活用すれば、そういったリクエストにもしっかり応えられるのではないかと思っています。これまではサーフェースの写真を撮ったりしていましたからね(笑)。
 それと関連する機能でいうと、今後はコピー/ペースト機能も使っていきたいと考えています。マイクが何十本も並ぶような会議系のイベントのときなどは、この機能を使って1本のマイクの設定を他のチャンネルにコピーすればいいわけですから。コピーして、あとは微調整を行なうと。キューとショーの保存や、パラメーターのコピー/ペーストといった機能は、コンソールがデジタルであることの一番のメリットだと思います。
 それとiPadでリモート・コントロールができるアプリ、「ViSi Remote」も活用していきたいと考えています。先日、試しにインストールしてみたんですが、とても使いやすい印象でした。ここは調節室がこういう場所(編註:宴会場の上方の隅)にあるので、「ViSi Remote」を活用すれば、会場に下りて微調整をすることができる。これは早く使ってみたい機能ですね。

――― 他の宴会場にも「Si Compact」を導入されるのですか?

松本 まだ何も決まっていないのですが、これから検討していきたいと考えています。最初は導入に躊躇があったデジタル・コンソールも、「Si Compact」を導入したことによって、問題なく使えることが分かりましたしね。こういった現場では十分すぎる機能と音質を備えたコンソールなのではないかと感じています。今後は手がける演目によって、「Si Compact」と「K3」を上手く使い分けていきたいですね。

 

 >>レビュー記事一覧に戻る
前編 | 後編
※この記事は「プロサウンド Vol.173 2月号(2013年1月18日)」から転載しています。

PROSOUND 2月号  隔月刊プロサウンド Vol.173 ※別サイトに移動します。


このサイトには、税込価格(税率8%)と税抜本体価格を併記しています。