AKG について

TOP  AKG  ハンドヘルド型マイクロホン  D5、D5 S、D5 C、D5 CS

D5、D5 S、D5 C、D5 CS

資料&ダウンロード:仕様書

D5 D5 C
左:D5/右:D5 C

 

スイッチ部 
”D5 S、D5 CSのスイッチ部”


力強く明瞭な音質でボーカルの魅力を引き出す
ダイナミック型マイクロホン。

D5
D5 S  ※スイッチ付

D5 C
D5 CS  ※スイッチ付

 

  • ダイヤフラムの厚みを中心部と外縁部で変えることでダイヤフラムの動きを適切に制御する、独自のバリモーション・テクノロジーを採用。透き通るようなクリアな高域を実現するとともに、低域の迫力もありのままに収音。
  • D5、D5 Sは鋭く研ぎ澄まされたスーパーカーディオイドの指向特性。左右からのノイズに強く、騒音や残響が大きい環境でも、正面の音源を確実にピックアップ。D5 C、D5 CSは全帯域で均一なカーディオイドの指向特性。口元が正面から多少ずれても音質・音量が大きく変化しないため、激しい動きの伴うボーカルやマイクロホンを使い慣れていない方のスピーチに最適。
  • 最大音圧レベルは、D5、D5 Sが156dB、D5 C、D5 CSが160dBにも達し、大音圧の音源も歪むことなくクリアに収音。
  • マイクロホン・カプセルとマイク本体を2枚のゴム製リングで接続することでハンドリングノイズを大幅に低減する、特許保有のダブルフレックス・ショックマウントを内蔵。ポップノイズを低減するメッシュフィルターも搭載。
  • ラフな扱いにも安心の頑丈設計。
  • D5 S、D5 CSは、切り替え時にノイズの出ない高品位なON/OFFスイッチを装備。

 

  • D5,D5 S
    スーパーカーディオイド

  • D5 C,D5 CS
    カーディオイド








仕様

  D5、D5 S D5 C、D5 CS
形式 ダイナミック型
指向特性 スーパーカーディオイド カーディオイド
周波数特性 70Hz~20kHz 20Hz~17kHz
開回路感度 ー52dB re 1V/Pa
最大音圧レベル 156dB SPL(THD 3%) 160dB SPL(THD 0.5%)
インピーダンス 600Ω以下
端子 XLR (3P)
寸法(φ×H) 51×186mm

51×186mm

質量 330g 320g

 


オプション

H30

ショックマウント: P170、C451 B、ULS Series、AKG Blue Line、C1000 S、C568 B、C535 EB、C5、D7、D5、D230、P5、P3 S用

SA44

マイクホルダー: C535 EB、C5、D7、D5、D230、P5、P3 S用

SA61

マイクホルダー: C214、C3000、C535 EB、C5、D7、D5、D230、P5、P3 S用

W23

ウインドスクリーン: C535 EB、C5、D7、D5、D230、P5、P3 S用

W3004

ウインドスクリーン: D7、D5、P5、P3 S用

W880

ウインドスクリーン: C5、D7、D5、P5、P3 S用

このサイトには、税込価格(税率8%)と税抜本体価格を併記しています。