AKG について

C414 XL Ⅱ

資料&ダウンロード:仕様書

 

“C12”の特性を踏襲し、存在感のある
煌びやかなサウンドを出力。

C414 XL II
  • C414の前身となる「C12」の特性を踏襲。4kHz以上が持ち上がったハイ上がりの特性により、原音の魅力を高める煌びやかなサウンドを出力。アンサンブルの中で、他の音源よりも際立たせたいパートに最適。
  • 癖のない音質で、ボーカルやギター、管楽器、ピアノなど、様々な音源に使用可能。
  • 厳密にマッチングを行ったステレオペアも用意。

■ C414 XLS、C414 XLⅡ共通の特長

    • 2枚のダイヤフラムを近接して平行に配置したデュアル・ダイヤフラム構成により、近接効果の影響を最小限に抑制。全帯域に渡ってクリアな収音が可能。
    • トランスレス回路や高品位な実装部品、オールメタルシャーシなどの採用で、外来ノイズや温度、湿度等による影響を低減。6dBの極めて低い等価雑音レベルを実現し、微細な音声信号も余すことなく収音。
    • 最大音圧レベルは140dBに達し音圧の高い音源にも対応。4段階切り替え式のパッドも装備。
    • 指向性は9段階から選択でき、使用環境に応じた最適な設定が可能。
    • ゴムを使って4点でダイヤフラムを支えるエラスティック・サスペンションを採用し、振動ノイズへの対策も万全。付属のサスペンション付ホルダーを併用すれば、よりクリアな音質での収音を実現。
    • ロック機能を備えた4段階切り替え式のローカットフィルターを搭載。出力のオーバーロード手前で点灯するLEDも備えており、ライブシーンでも活躍。
    • ポップノイズの影響を抑える、ウインドスクリーンやポップスクリーンが標準で付属※。
      ※ポップスクリーンはステレオペアには付属していません。

  • 無指向性 
  • ワイドカーディオイド
  • ハイパーカーディオイド 
  • カーディオイド
  • 双指向性





■ステレオペア
C414 XL II/ST
C414 XL Ⅱ/ST [セット内容]
  • C414 XL Ⅱ×2
  • サスペンション付ホルダー(H85)×2
  • ウインドスクリーン(W414)×2
  • マイクホルダー(SA60)×2
  • ステレオアーム(H50)
  • 特性データシート×2
  • 布製ポーチ×2
  • キャリングハードケース

仕様(C414 XLS、C414 XLⅡ共通の仕様)

形式 コンデンサー型
指向特性 無指向性/ワイドカーディオイド/カーディオイド/ハイパーカーディオイド/双指向性と各々の間の9段階
周波数特性 20Hz~20kHz
開回路感度 ー33dB re 1V/Pa(±0.5dB)
最大音圧レベル 140dB SPL(パッドOFF、THD 0.5%)
等価雑音レベル 6dB SPL(Aウェイト)
パッド 0/6/12/18dB
ローカットフィルター Flat/40Hz(12dB/oct)/80Hz(12dB/oct)/160Hz(6dB/oct)
インピーダンス 200Ω以下
電源 ファンタム DC48V/約4.5mA
コネクター XLR 3ピン
寸法(W×H×D) 50×160×38mm
質量 300g
付属品 サスペンション付ホルダー(H85)
ウインドスクリーン(W414)
ポップスクリーン(PF80) ※PF80はステレオペアには付属していません。
特性データシート
布製ポーチ
キャリングハードケース
 

オプション

SA60

マイクホルダー: C414 XLS、C414 XLⅡ、C314、P170、C451 B、ULS Series、AKG Blue Line、C568 B、C430用

W414 X

ウインドスクリーン: C414 XLS、C414 XLⅡ用

このサイトには、税込価格(税率8%)と税抜本体価格を併記しています。