AKG について

TOP  AKG  ヘッドホン  K121 Studio

K121 Studio

K121 Studio

気軽に使用できるプロ仕様の
スタジオ・ヘッドホン。

K121 Studio

  • 上位機種と同等のダイヤフラムを採用しながらも、高いコストパフォーマンスを実現。定評あるAKGのスタジオ・ヘッドホンを気軽に使用可能。
  • セミオープンエアー型の構造を採用し、色付けのない自然なサウンドを出力。
  • プロ用モデルのために開発された「XXLトランスデューサー」を搭載。不要な振動を抑える独自の「バリモーション・テクノロジー」や「TWO-LAYERダイヤフラム」に加えて、内部構造の最適化とパーツの吟味を徹底的に行い、繊細な高音から重厚な低音までリアルに再現。
  • イヤーパッドは着脱式で、簡単に交換可能。
  • 装着するだけでヘッドバンドの長さが調整できるセルフアジャスト機能を採用。

※交換用イヤーパッドについてはお問い合わせください。

 

AKGヘッドホン独自のテクノロジー

■バリモーション・テクノロジー

バリモーション・テクノロジー

ダイヤフラムの厚みを中心部と外縁部で変えることで、ダイヤフラムの動きを適切に制御する技術です。厚みを持たせた中心部の「SOUND ZONE」は、歪の原因となる分割振動を抑制し、極めてクリアな高域が得られます。また、薄く加工された外縁の「MOVEMENT ZONE」は、高域の出力時には「SOUND ZONE」のスムーズな動きをサポート。低域の出力時には「SOUND ZONE」と一体となって大型のダイヤフラムのように動作し、迫力のあるサウンドを出力します。

搭載モデル:
K712 PROK702K612 PROK240 MKⅡK141 MKⅡK121 StudioK271 MKⅡK171 MKⅡ

■TWO-LAYERダイヤフラム

振動の減衰特性が異なる2つの素材からできた薄い膜を、組み合わせて接着したダイヤフラムです。
高いダンピング(制動)性能を獲得しており、通常のダイヤフラムでは除去しきれない不必要な振動を減衰。クリアでキレのある中高域再生を実現します。

搭載モデル:
K712 PROK702K612 PROK240 MKⅡK141 MKⅡK121 StudioK271 MKⅡK171 MKⅡ

 

仕様

構造 セミオープンエアー型
感度(1kHz) 88dB SPL/mW
再生周波数帯域 18Hz〜22.5kHz
最大許容入力 200mW
インピーダンス 55Ω
イヤーパッド オンイヤー、着脱式、合皮製
入力端子 3.5mmステレオ・ミニプラグ (金メッキ)
ケーブル ストレート(OFC)、約3m、片出し
質量 220g(除ケーブル)
付属品 標準プラグアダプター(ねじ固定式、金メッキ)

このサイトには、税込価格(税率8%)と税抜本体価格を併記しています。