TOP  dbx  PAプロセッサー DriveRack  DriveRack 220i

DriveRack 220i

資料&ダウンロード : 取扱説明書仕様書

音響出力系マルチプロセッサー

 

DriveRack 220i 円(税抜 円)1U ※在庫限り

特長

  • 固定設備に要求される以下の機能を搭載。※
    • ハウリング・サプレッサー…ハウリングを検知し、最適なノッチフィルターを独自のアルゴリズムで自動的に挿入。Qの最大が128の極めて急峻なフィルターを最大24個使用し、ハウリングを除去。
    • 自動ゲイン制御…信号レベルを一定に保持。
    • ダッカー…一方の入力チャンネルに信号が入ると、もう一方の信号のレベルを自動的に抑制。BGMを組み合わせたアナウンスシステムのレベル制御を自動化。
    • イコライザー…各入力チャンネルでは28バンドのグラフィックイコライザーや9バンド・パラメトリックイコライザーを選択可能。各出力チャンネルには4バンド・パラメトリックイコライザーを用意。
    • リミッター…スピーカーを確実に保護しながら音質への影響を最小限に抑制する、独自のPeakStopPlus機能を搭載。ニー特性を滑らかにするOverEasy機能(10段階可変)も装備。
    • コンプレッサー…定評あるdbxの音質を継承。ニー特性を滑らかにするOverEasy機能(10段階可変)も搭載。
    • ディレイ…650mSのディレイを各出力チャンネルで利用可能。
    • サブハーモニック・シンセサイザー…入力信号に基づいて新たな低域信号を合成し、音のパンチと力強さを増強。
    • ノイズゲート…アナウンス以外の信号をカットし、周囲の雑音を抑制。
    • ディエッサー…耳障りな歯擦音を抑制。
    • フィルター

      ※同時に使用できる機能の数には制限があります。
                     
  • 2入力2出力構成。入力はマイクレベルに切り替えでき、ファンタム電源(15V)を供給。
  • ダイナミックレンジが広がるdbx独自の“Type IV”方式を採用した、24bit/48kHzのADコンバーターを搭載。入出力はXLR端子によるアナログ。
  • ライン設定時の入出力規定レベルは+4dBuと−10dBVを選択可能。
  • 電源断時に入出力をバイパスするリレー回路を内蔵。
  • 標準的なシステム設定を10パターン内蔵。さらにユーザー設定は10パターンまでメモリー可能。
  • 機能の設定は、PC上で動作する専用のソフトウェア“DriveWare”から実行。
  • 不用意な設定の変更を防止する、セキュリティーロック機能も装備。
  • 音量調整やプログラム選択を離れた場所から簡単に行えるリモートコントローラーをオプションで用意。

仕様

音声入力 チャンネル数 2
端子 XLR/ユーロブロック
型式 電子バランス
インピーダンス 50kΩ
最大レベル +20dBu
ファンタム電源 15V
音声出力 チャンネル数 2
端子 XLR/ユーロブロック
型式 電子バランス
インピーダンス 120Ω
最大レベル +20dBu
AD-DA変換 24bit、48kHz
周波数特性 20Hz〜20kHz(±0.5dB)
THD+N 0.003%(+4dBu、1kHz、0dBゲイン)
ダイナミックレンジ 110dB(Aウェイト)
電源 AC100V、50/60Hz
消費電力 12W
寸法(W×H×D) 483×45×150mm(除突起部)
質量 2.3kg


●シグナルパス

DriveRack 220i シグナルパス
※クリックで拡大


オプション

Zone-Controller

各種設定を遠隔操作する壁面取付パネル型リモートコントローラー。

RTA-M

測定用マイクロホン

このサイトには、税込価格(税率8%)と税抜本体価格を併記しています。