TOP  納入事例  ホール・劇場  アルカスSASEBO 様

アルカスSASEBO 様

高音質と操作性の良さで多彩なイベントを支える、DiGiCo“SD8”。

2010年6月運用開始

大ホール音響調整室内のDiGiCo“SD8”

外観

西九州最大級の規模を誇る舞台芸術の拠点

アルカスSASEBO 様は、フルオーケストラによる演奏も可能なプロセニアム方式の大ホールをはじめ、3つのホールを擁した西九州最大級の規模を誇る舞台芸術の 拠点です。クラシック・ジャズはもちろん、著名アーティストのコンサート、ミュージカルや人形劇、トークショー、落語、映画の上演など様々な催し物が行われています。ホール以外にも練習室や大ホールとほぼ同じ大きさにつくられたリハーサル室など日常の練習活動に利用できる設備が充実しており、地域の活動を支える場にもなっています。また、コンベンションにも対応できるよう会議室・和室もあり、展示スペースなども併設しています。

多種多様な催し物に対応できるデジタルミキシングコンソール

アルカスSASEBO 様は今年開館10周年を迎え、開館当初から使用してきたミキシングコンソールが老朽化してきたことからデジタルミキシングコンソールへの入 れ替えが行われました。


導入されたDiGiCo“SD8”について、エンジニアの村川政明さんにその魅力をうかがうと、「まず音質の良さ、それから使いやすさ、それとディスプレイの情報量の 多さ」とのこと。SD8は、15インチ大型タッチスクリーンを搭載しており、12系統のチャンネルセクションを一度に表示しています。常に見たい情報が表示されているため安心感があり、操作性のよさにもつながっているといいます。


設定済みのデーターの再利用やコピー&ペースト機能、スナップショット機能などデジタルならではのメリットを有効に使って設定がすばやく行えるほか、出力系のルーティングも柔軟に行えるので、多種多様な催し物に対応できています。さらに、「32バンドGEQが24系統搭載され、一括または個別の操作ができることも便利だし、コンプレッサーのクオリティも高い」と、SD8に内蔵されているエフェクター やダイナミクスのことにも触れていただきました。


サウンドについても、中高域の音質の良さやS/Nの改善を実感していらっしゃるようで、「音質が大幅に改善された。」と高評価をいただきました。


主要な納入機材

機材ブランド名製品名
デジタルミキシングコンソールDiGiCoSD8

【アルカスSASEBO】
〒857-0863 長崎県佐世保市三浦町2-3   TEL:0956-42-1111   http://www.arkas.or.jp/