JBL PROFESSIONAL について

TOP  JBL PROFESSIONAL  JBL Commercial Series  CSM-21 CSM-32

CSM-21 CSM-32

資料&ダウンロード : 取扱説明書仕様書

音響設備に様々な機能を追加し、居心地の良い空間を構築する
商業空間用ミキサー


CSM-21

CSM-21
CSM-21円(本体円)
CSM-32

CSM-32
CSM-32円(本体円)

JBL COMMERCIAL CSM-21、CSM-32は、パワーアンプの前に設置することで様々な機能を付加できる多機能ミキサーです。 レストラン、バー、カフェ、スーパーマーケット、アパレルショップ、カーディーラーなどの商業施設で、 居心地の良い音響空間の構築を強力にバックアップします。

  • CSM-21は2ch、CSM-32は3chの音楽ソース用ステレオ入力を装備。BGMの音源に加えてミュージック・プレイヤーなどを簡単に追加できます。さらにステレオ入力は、特定のチャンネルに信号が入ると他のチャンネルの出力を止め、終わると元のチャンネルの出力を再度開始する優先音源の設定が可能。開店時や閉店時などの特別なBGMに便利です。
  • 音楽ソースの切替や出力音量の調節は、前面パネルにある大型のつまみやオプションのリモートコントローラーから行え、不慣れなスタッフでも簡単に操作ができます。
  • アナウンス用のマイク入力を装備。アナウンス放送が始まると自動的に音楽ソースの音量が小さくなり、終了するとスムーズに元の音量に戻るダッキング機能を備えています。さらにマイク入力は、最小の出力レベルをあらかじめ設定できるため、操作ミスによるアナウンスの音量不足を防ぐことができます。
  • 信号によって異なる音量の差を補正するレベルガード機能や、音量によって異なる低域の再現性を補正するオートウォームス機能を搭載。音質を自動で改善します。さらに入力には、低域および高域のイコライザも備えています。
  • メイン出力はステレオとモノラルの切替が可能で、サブウーファー出力も備えています。また、CSM-32は2系統のメイン出力を搭載しており、エリアごとに異なる音楽ソースを流すことが可能です。さらにCSM-32はAUX出力も装備。音楽ソースのみが出力されるため、他の機器への出力に便利です。
  • ロジック端子を備えており、外部機器から音楽ソースのミュートやアナウンス放送の出力エリアの選択ができます。
  • リンク端子を装備。2台のCSMをCAT5ケーブルで接続すれば入力信号が共有可能です。
  • 運用中に操作をする必要のないスイッチやつまみをカバーするプレートが付属しています。

 

仕様

入力 ステレオライン チャンネル数 2(CSM-21)、3(CSM-32)
端子・型式 RCA、アンバランス
インピーダンス 20kΩ
最大レベル +12dBu
マイク チャンネル数 1
端子・型式 ユーロブロック、電子バランス
インピーダンス 2kΩ
最大レベル +20dBu
ファンタム電源 48V
出力 レフト/ライト/ サブウーファー チャンネル数 各1(CSM-21)、 各2(CSM-32)
端子・型式 ユーロブロック、電子バランス
インピーダンス 120Ω
最大レベル +20dBu
クロスオーバー周波数 125Hz(Butterworth(24dB/oct)、クロスオーバーON時)
周波数特性 20Hz~20kHz(±0.1dB)
THD + N 0.005%(+4dBu、20Hz~20kHz、0dBゲイン)
ダイナミックレンジ 104dB(Aウェイト)
電源 DC12V(2.5A)、付属のACアダプター(AC100V、50/60Hz)
消費電力 10W
寸法(W×H×D) 483×46×178mm(除突起部)
質量 2.4kg
付属品 ラックマウント金具×2、ゴム足× 4(1シート)、セキュリティー・プレート、ねじ一式、 ブロックコネクター一式、ACアダプター、電源コード、入力ソース表示シール

オプション

壁面取付パネル型 リモートコントローラー

出力音量の調整や音楽ソースの切換えを行うリモートコントローラー

アナウンス用マイクロホン

アナウンス用のマイクロホン

このサイトには、税込価格(税率8%)と税抜本体価格を併記しています。