JBL PROFESSIONAL について

TOP  JBL PROFESSIONAL  STX800 Series  STX800 Seriesの特長

STX800 Seriesの特長

ツアー品質の音響性能を凝縮した
高品位スピーカー・システム

ダウンロードタイトル

STX800 Series

STX800 Seriesの表現力豊かな音響性能は、エンジニアが求めるサウンドクオリティを忠実に再現します。大規模コンサートのフィル用途をはじめ、高品位な音質バランスが要求されるライブハウスやクラブできめ細かい音圧コントロールを行うことが可能です。

ラインナップはこちら>>

 

JBL PROFESSIONALのテクノロジーを投入し、今までにない優れた音質を実現
  • STX800 Series はスピーカーユニットにJBL PROFESSIONALのテクノロジーを投入し、今までにない優れた音質を実現しました。表現力豊かな音響性能は、エンジニアが伝えたい現場の音響エネルギーを忠実に再現します。また、高品質なサウンドは最上位ラインアレイスピーカー“VTX-V25”との組み合わせにも最適です。
  • 高域ドライバーには、チタン製ダイヤフラムと3インチ(STX825は4インチ)のボイスコイルを使用。表現力に優れたクリアなサウンドを、会場後方まで余裕を持ってカバーする高い音圧で出力します。さらに、ホーンにはProgressive Transition(PT) ウェーブガイドを採用することで、歪みの少ないサウンドをカバーエリア内に均一の音圧で届けることが可能です。
  • 低域ドライバーには、放熱効果を劇的に高めるJBL独自の技術「Vented Gap Cooling」 を搭載。ボイスコイルに発生した熱をポールピース内に設けた通気孔へ強制的に排出し、耐入力を向上させながらも実効感度の低下を抑えることに成功しました。加えて、磁気回路の改善により、歪み率の低減を実現しています。サブウーファーには、より放熱効果を高めた「Super Vented Gap Cooling」を搭載しました。
  • また、クロスオーバーネットワークの構成部品を厳選し、低域から高域までバランスの取れた高品位なサウンドを出力します。さらにキャビネットには、共振を軽減する独自のデザインを施しました。
中域ドライバー
中域ドライバー

PTウェーブガイド
PTウェーブガイド

低域ドライバー
低域ドライバー 
コンサートツアーなどの仮設現場から固定設備まで、様々な用途に対応
  • STX800 Seriesは、コンサートツアーなどの仮設現場やライブハウスといった固定設備など、様々な用途に対応します。コンパクトなステージモニターから3-Wayメインスピーカーまでのフルレンジ4モデルと、サブウーファー2モデルの計6モデルを用意。フルレンジ4モデルは、ネットワーク駆動とバイアンプ駆動の切替えが可能です。サブウーファー2モデルは、入力端子(スピコンNL4)の使用ピンの変更に対応するスイッチを搭載しています。
  • また、STX812MとSTX815Mにはポールソケットを搭載しており、スタンドに立てて使用することも、STX818Sサブウーファーにポールマウントすることも可能です。さらにSTX815M、STM825、STX835のキャビネットには吊り下げ設置用のサスペンションポイント(M10ネジ)も装備しています。
サスペンションポイント
サスペンション・ポイント
※アイボルトはオプションです。
過酷な現場環境に対応する耐久性
  • STX800 Seriesは、過酷な現場環境にも対応します。キャビネットに堅牢なカバとポプラの合板素材を採用し、耐衝撃性に優れたDuraFlex塗装でコーティングしています。またハニカム状の穴が均一に開けられた14ゲージのスチールグリルを使用し、音響性能を損なうことなくスピーカーユニットへのダメージを防ぎます。
耐久性に優れたキャビネット
耐久性に優れたキャビネット

ラインナップ

■2-Way ステージモニター・スピーカー

STX812M  
STX812M
(12インチ)

   

■2-Wayフルレンジ・システム

STX815M STX825  

STX815M
(15インチ)

STX825
(15インチ×2)

 

■3-Wayフルレンジ・システム

STX835    

STX835
(15インチ×2)

 

 

■サブウーファー

STX818S STX828S
STX818S
(18インチ)

STX828S
(18インチ×2)


このサイトには、税込価格(税率8%)と税抜本体価格を併記しています。