JBL PROFESSIONAL について

TOP  JBL PROFESSIONAL  AWC/AW Series  AWC Seriesの特長

AWC Seriesの特長

最上級の耐候性と高品位な音響性能を両立したスピーカー。

 AWC Series イメージ

AWC Seriesは、雨や直射日光を直接浴びる屋外テーマパークや湿度の高いスイミングプール、 潮風にさらされる海上施設などの過酷な環境においても、高い性能を発揮します。 また、音質にも妥協はなく、明瞭度の高いサウンドをリスニングエリア全体に均一な音圧で提供します。
   

ラインナップ

AWC129


写真つき一覧はこちら>>


過酷な設置状況でも安定した音響品質を提供。 

  • 厳選されたパーツと耐水加工を施したドライバーを使用することで、エンクロー ジャーに関する防塵と防水の程度についての保護等級(IEC60529)IP-56に適 合。有害な影響が発生するほどの粉塵が中に入らず、あらゆる方向からの強い噴流 水による有害な影響がありません※。
  • 連続48時間にわたって塩水噴霧、湿度、温度、紫外線に対する耐久性を試験する、 MIL810規格をクリア。雨や紫外線を直接浴びる屋外テーマパークや湿度の高いス イミングプール、潮風にさらされる海上施設でも高い耐候性を発揮します※。
  • 使用可能温度はマイナス19度から49度までと広く、厳しい環境温度下でも信頼性 の高いサウンドシステムが構築可能です。
  • エンクロージャーには優れた耐久性を持つガラス繊維強化ABS樹脂を使用。ス チール製グリルの裏側には、3重構造のカバーが設置されており、音質への影響を 最大限抑えながらスピーカー内部へのダメージを効果的に防ぎます。
  • 低域ドライバーにはケブラー補強を施したコーンを使用。軽量化、高耐水性を実現 しています。また、高域ドライバーには新素材のポリマー製ダイアフラムを採用し、 耐水性と耐熱性が向上しました。

極めて均一な音圧と明瞭度の高い音質で リスニングエリア全体をカバー。 

  • 低域ドライバーの中心に高域ドライバーを配置して一 体化させた同軸構造を採用。低域ドライバーのコーン 部分を高域ドライバーのウェーブガイドとして使用す ることで、カバーエリア全体に均一なサウンドを出力 します。
  • 高域ドライバーには高域特性に優れたポリマー製ダ イアフラムを搭載。ユニットの内部設計も見直し、歪み の少ないクリアで自然なサウンドを獲得しました。
AWC Series イメージ1

同軸ドライバーの採用によりキャビネットサイズの 小型化を実現。

  • コンパクトながらAWC82は250W、AWC129は400W、AWC159は500Wの高 い耐入力を達成しました。
  • 防錆加工を施したU字ブラケットが同梱されており、金具を別 途作成することなく取り付けが可能です。
  • ハイ・インピーダンス接続が可能な70/100V対応のトランス を標準装備しています。
AWC Series イメージ2
同梱のU字ブラケット

 


このサイトには、税込価格(税率8%)と税抜本体価格を併記しています。