JBL PROFESSIONAL について

TOP  JBL PROFESSIONAL  ユニット、ホーン

ユニット、ホーン



2206H
・2206H
2226H
 ・2226H/2226
2241H
 ・2241H

トランスデューサー

●2206H
●2226H
●2226J
●2241H

VGC Series コーン・トランスデューサー


2206H円(本体 円)
2226H円(本体 円)
2226J円(本体 円)
2241H円(本体 円)


  • 優れた音質を豊かなパワーで送り出す、低域用トランスデューサ 「VGC  Series」。600Wの大出力ながら、パワー・コンプレッション(実効感度の低下)を極めて低く抑え、歪みのない滑らかな特性を実現しています。高音 質と大出力を両立するため、ヴェンテッド・ギャップ・クーリング(Vented  Gap  Cooling)技術を開発。ボイスコイルに直接空気を導き、放熱が格段に効率化しました。さらに、シンメトリカル・フィールド・ジオメトリ (Symmetrical  Field  Geometry)磁気回路やサスペンション設計を磨き込み、低歪率化、軽量化、変位量の増加など様々な性能の向上を達成しています。コンサート・ツアー や固定設備用のシステムにはもちろん、精密なモニタ用としても最適な音響性能を発揮します。




2242H
・2242H

●2242H

SVG Series コーン・トランスデューサー


2242H円(本体 円)

  • 「2242H」は、強大な出力音圧を低歪率で実現する「スーパー・ヴェンテッド・ギャップ(Super  Vented  Gap)」技術を搭載した低域用トランスデューサです。定評あるヴェンテッド・ギャップ・クーリング技術とシンメトリカル・フィールド・ジオメトリ構成を 進化させ、放熱と磁気回路性能が向上しています。感度が増加しパワー・コンプレッション(実効感度の低下)が減少したため、実効出力が増大しました。歪率 はさらに減少し、トランジェント特性も改善しています。映画用サブウーファなどに最適です。

 

仕様

2206H 2226H 2226J 2241H 2242H
公称口径 300mm 380mm 460mm 460mm
公称インピーダンス 16Ω
許容入力 (AES) 600W (60Hz~600Hz) 600W (50Hz~500Hz) 600W (50Hz~500Hz) 800W (50Hz~500Hz)
感度 (1W, 1m) 95dB SPL(100Hz~500Hz) 97dB SPL(100Hz~500Hz) 98dB SPL(100Hz~500Hz) 99dB SPL(100Hz~1kHz)
周波数レンジ (-10dB) 45Hz~3.5kHz 30Hz~2.5kHz 30Hz~3kHz 25Hz~1.6kHz
パワーコンプレッション 3.9dB (600W) 4.6dB (600W) 4.3dB (600W) 3.3dB (800W)
歪率 2次高調波: 1.0%以下、3次高調波: 1.0%以下 2次高調波: 1.0%以下、3次高調波: 1.0%以下 2次高調波: 1.0%以下、3次高調波: 1.0%以下 2次高調波: 1.0%以下、3次高調波: 1.0%以下
推奨最高クロスオーバ周波数 1,500Hz 1,200Hz 800Hz 1,000Hz
推奨エンクロージャ容積 28~113 lit 85~285 lit 140~340 lit 140~340 lit
ボイスコイル φ100mm、エッジ巻アルミニウム・リボン φ100mm、エッジ巻アルミニウム・リボン φ100mm、エッジ巻アルミニウム・リボン φ100mm、エッジ巻アルミニウム・リボン
極性 (*)
寸法(φ×D) 311mm
× 130mm
388
×139mm
464mm
×190mm
464mm
×212mm
バッフル開口径 前面取付: 280mm、背面取付: 280mm 前面取付: 355mm、背面取付: 359mm 前面取付: 427mm、背面取付: 428mm 前面取付: 427mm、背面取付: 428mm
排出容積 4 lit 6 lit 8.5 lit 9 lit
質量 7.8kg 8.7kg 11kg 13kg



2426H/2426J
・2426H/2426J

コンプレッション・ドライバー

●2426H
●2426J

25mm Exit コンプレッション・ドライバー

2426H円(本体 円)
2426J円(本体 円)

  • 高域用コンプレッション・ド ライバー「2426」は、チタン製ダイアフラムに独自のダイアモンド・サラウンド構造のエッジを組み合わせ、優れた耐久性と周波数特性を実現しています。銅 メッキを施したポールピースは、ボイスコイルのインダクタンスを抑えて高域出力を増大させています。




2447H/2447J
・2447H/2447J

2451H/2451J

・2451H
●2447H
●2447J
●2451H

38mm Exit コンプレッション・ドライバー


2447H円(本体 円)
2447J円(本体 円)
2451H円(本体 円)


  • 「2447」 と「2451」は、出力音圧に優れた高域用コンプレッション・ドライバーです。フェーズプラグはコヒーレント・ウェーブ(Coherent  Wave)構造で、ホーンのスロートにフェーズプラグを直接連結できる設計です。JBL  PROFESSIONALのオプティマイズド・アパチャー・バイラジアルホーンと組み合わせれば、極めて低い歪率と、低域まで優れた指向制御を実現するこ とができます。ダイアフラムはチタン製で、独自のダイアモンド・サラウンド構造のエッジが金属疲労を減少させ耐久性を向上させています。「2447」はフェラ イト磁石を、「2451」はネオジム磁石を使用しています。




2446H/2446J
・2446H/2446J

2450J

・2450J

●2446H
●2446J
●2450J

49mm Exit コンプレッション・ドライバー


2446H円(本体 円)
2446J円(本体 円)
2450J円(本体 円)


  • 「2446」 と「2450」は、出力音圧に優れた高域用コンプレッション・ドライバーです。コヒーレント・ウェーブ(Coherent Wave)構造のフェーズプラグを採用し、力強い音圧と優れた明瞭度を実現しました。ダイアフラムはチタン製で、独自のダイアモンド・サラウンド構造の エッジが金属疲労を減少させ耐久性を向上させています。「2446」はフェライト磁石を、「2450」はネオジム磁石を使用しています。

仕様

2426H 2426J 2447H 2447J 2451H
スロート径 25mm 38mm 38mm
公称インピーダンス 16Ω 16Ω
許容入力 (連続プログラム) 70W (>800Hz)、100W (>1.2kHz) 100W (>500Hz)、150W (>1kHz) 100W (>500Hz)、150W (>1kHz)
感度 (1W, 1m) 110dB SPL (2370Aホーン装着時、1kHz~4kHz) 112dB SPL (2352ホーン装着時、1kHz~4kHz) 111dB SPL (Q=6.3ホーン装着時、2kHzオクターブバンド)
周波数レンジ (-10dB) 500Hz~20kHz 500Hz~20kHz 500Hz~20kHz
推奨最低クロスオーバ周波数 800Hz 500Hz 500Hz
ダイアフラム φ44mm、ピュア・チタニウム φ100mm、ピュア・チタニウム φ100mm、ピュア・チタニウム
ボイスコイル φ44mm、エッジ巻アルミニウム・リボン φ100mm、エッジ巻アルミニウム・リボン φ100mm、エッジ巻アルミニウム・リボン
極性 (*)
磁束密度 1.8T 1.85T 1.9T
寸法(φ×D) 147mm×105mm 235mm×92mm 165mm×73mm
質量 4.3kg 11kg 4.5kg

2446H 2446J 2450J
スロート径 49mm 49mm
公称インピーダンス 16Ω 16Ω
許容入力 (連続プログラム) 100W (>500Hz)、150W (>1kHz) 100W (>500Hz)、150W (>1kHz)
感度 (1W, 1m) 111dB SPL (Q=6.3ホーン装着時、2kHzオクターブバンド) 111dB SPL (Q=6.3ホーン装着時、2kHzオクターブバンド)
周波数レンジ (-10dB) 500Hz~20kHz 500Hz~20kHz
推奨最低クロスオーバ周波数 500Hz 500Hz
ダイアフラム φ100mm、ピュア・チタニウム φ100mm、ピュア・チタニウム
ボイスコイル φ100mm、エッジ巻アルミニウム・リボン φ100mm、エッジ巻アルミニウム・リボン
極性 (*)
磁束密度 1.9T 1.9T
寸法(φ×D) 233mm×133mm 168mm×142mm
質量 14kg 4.8kg

* 赤色端子に正電圧をかけたときダイアフラムが動く方向。+: 前(EIA) / -: 後。




2370A
・2370A

2380A

・2380A

2382A

・2382A

2385A

・2385A

フラットフロント・バイラジアルホーン

●2370A
●2380A
●2382A
●2385A

スロート径 25mm/49mm ホーン


2370A円(本体 円)
2380A円(本体 円)
2382A円(本体 円)
2385A円(本体 円)

  • 小型で軽量な 「フラットフロント・バイラジアルホーン」。高さはコンプレッション・ドライバーと変わらないほどで、スピーカ・キャビネットへのフラッシュマウントや、コ ンパクトなクラスタの構成に最適です。水平方向の周波数特性は、広い帯域にわたって軸上と軸外で均一です。水平面の指向制御は極めて正確で、中域で狭まっ たり、高域がビーム化することがありません。さらに、複数のホーンをスタックすれば、大型ホーンに匹敵する垂直面の指向制御が可能です。ホーンのオーバー ラップが最小で済むため、ロウビングや櫛形フィルタ効果を取り除くことができます。
  • 「2370A」は、スロート径25mmで、カバレージ角は90゜×40゜。垂直の指向角は周波数が上がるにつれて徐々に狭くなり、水平方向の特性を一定させ、かつドライバーの特性を補正するのに役立っています。
  • 「2380A」「2382A」「2385A」は、スロート径49mm。カバレージ角の異なる3つのモデルは、取付時の開口寸法が共通しています。

仕様

2370A 2380A 2382A 2385A
スロート径 25mm 49mm
適合ドライバー 2426H/J 2446H/J、2450H/J、2485J
公称カバレージ角(水平×垂直) 90゜×40゜ 90゜×40゜ 120゜×40゜ 60゜×40゜
指向係数 (Q) 12.2 (1kHz~16kHz) 10.7 (1kHz~16kHz) 7.9 (500Hz~16kHz) 19.0 (1kHz~16kHz)
指向性指数 (DI) 10.9 (1kHz~16kHz) 10.3 (1kHz~16kHz) 9 (500Hz~16kHz) 12.8 (1kHz~16kHz)
使用最低周波数 500Hz 400Hz 400Hz 400Hz
推奨最低クロスオーバ周波数 630Hz 500Hz 500Hz 500Hz
構造 高密度ポリウレタン 成型構造発泡樹脂 成型構造発泡樹脂 成型構造発泡樹脂
寸法(HxWxD) 173mm×448mm
×174mm
279mm×445mm
×236mm
279mm×445mm
×236mm
279mm×445mm
×236mm
バッフル開口寸法(HxW) 138mm×403mm(前面取付) 238mm×403mm(前面取付)
質量 1.4kg 2.2kg 1.6kg 2.2kg



このサイトには、税込価格(税率8%)と税抜本体価格を併記しています。