JBL PROFESSIONAL について

TOP  JBL PROFESSIONAL  LSR 6300 Series  LSR6300 Series

LSR6300 Series

精密な音像を描写する、THX PM3認定モデル。


左からLSR6312SP、LSR6332、LSR6328P、LSR6325P-1



LSR6300 Seriesは、独自の設計コンセプト「LSR理論」を導入し、素材からコンポーネントまでの全てを新規に開発したスタジオモニターです。均一で正確な特性と極めて自然な音質は、息をのむほど精緻な音像を描写。マルチチャンネル・サラウンドの正確なモニタリングが可能です。

3-Wayフルレンジ・スタジオモニター

LSR6332L、LSR6332R円(税抜 円)


パワード2-Wayフルレンジ・スタジオモニター

LSR6328P円(税抜 円)
LSR6325P-1円(税抜 円)

パワード・サブウーファー

LSR6312SP円(税抜 円)



特長

  • 低域ドライバーには、JBL PROFESSIONAL独自のスピーカー・テクノロジー「ディファレンシャルドライブ技術」を採用しています(LSR6325P-1を除く)。2つのボイスコイルを同軸に配置した構造は、放熱に優れ、歪みを大幅に抑えると同時に卓越した出力音圧と耐入力を獲得しました。
  • 独自の設計コンセプト「LSR(Linear Spatial Reference)理論」により、軸上のみならず軸外においても均一で正確な特性を獲得しています。LSR理論では、スピーカーを取り囲む球面上のポイントで再生音を測定し、リスナーが実際に聞き取る音を音響心理学を応用して計算。正確な音像定位と忠実な音質による精度の高いモニタリングを実現しています。さらに、モニタリング作業が水平±30°、垂直±15°の範囲内で行われることに注目して、設計を最適化。軸上特性だけを考慮してきた従来の設計手法と比べ、より正確で安定したモニタリングを可能にしています。
  • LSR6328PとLSR6312SPには、自動で音場を補正する「RMC(Room Mode
    Correction)」システムを搭載。それぞれのスピーカーから出力された音をミックスポジションで計測・分析し、自動的に最適な音場に補正します。部屋の形状によって引き起こされる音響反射や回り込みなど、低域特有の諸問題を克服。部屋の形状にかかわらず、正確にモニタリングできる環境を作り出します。
  • 5.1サラウンドをはじめとするマルチチャンネルにも対応する、THX PM3™認定モデルです。
  • LSR6328P、LSR6325P-1、LSR6312SPには、低域を補正するスイッチを搭載しました。

 


仕様

  LSR6332L、 R LSR6328P LSR6325P-1 LSR6312SP
周波数特性 60Hz~22kHz
(+1/-1.5dB)
50Hz~20kHz
(+1、-1.5dB)
70Hz~20kHz
(+1、-2dB)
28~80Hz(-6dB)
パワーアンプ出力 - LF:250W HF:120W LF:100W HF:50W 260W
許容入力 200W - - -
感度 93dB SPL(1m) - - -
最大音圧レベル - 108dB SPL(1m) 106dB SPL(1m) 112dB SPL(1m)
ドライバー構成 LF:252G(12インチ(305mm))
MF:C500G(5インチ(127mm))
HF:053Tis(1インチ(25mm))
LF:8インチ(203mm)
HF:1インチ(25mm)
LF:5.25インチ(133mm)
HF:1インチ(25mm)
12インチ(305mm)
クロスオーバー周波数 250Hz、2.2kHz 1.7kHz 2.3kHz 80Hz
公称インピーダンス - - -
コネクター バインディングポスト XLR、1/4インチフォーン XLR、RCA XLR、1/4インチフォーン
寸法(W×H×D) 635×394×292mm 332×408×306mm 173×269×241mm 394×635×292mm
質量 20kg 18kg 7.7kg 23kg

オプション

RMC調整キット

 
RCM(Room Mode Correction)調整用キット
RMC Calibration Kit円(税抜 円)


このサイトには、税込価格(税率8%)と税抜本体価格を併記しています。