JBL PROFESSIONAL について

TOP  JBL PROFESSIONAL  EON ONE  EON ONE

EON ONE

設置はもちろん、保管、運搬も容易な
スタンドいらずのオールインワンPAシステム。

資料&ダウンロード : 取扱説明書仕様書

右:収納時


 

EON ONE

EON ONEは、背面に収められた筒状の高域用スピーカーを上面に差し込むだけですぐに使用できる、スタンドや配線いらずのオールインワンPAシステムです。1台でシステムが完結できるため、保管や運搬が容易に行えます。もちろん音質にも妥協はなく、クリアなサウンドを会場の隅々にまで届けることが可能です。     

     
 
  

設置はもちろん、保管、運搬も容易

  • サブウーファー一体型パワード・ミキサーの上面に、筒状の高域用スピーカーや連結パーツを差し込むだけですぐに使用可能。重くてかさばるスピーカースタンドや面倒な配線は必要ありません。
  • 高域用スピーカーと連結パーツはパワード・ミキサーの背面に収納できるため、保管や運搬が容易です。パワード・ミキサーは上面にハンドルを装備しており片手で持ち運べます。
  • 広いエリアに均一にサウンドを出力できるため、今までステレオ構成のスピーカーを設置していた会場でもEON ONE 1台で十分カバー可能。パワーアンプや6chミキサーも内蔵しており、全体の機材量も大幅に削減できます。
  
高域用スピーカーと連結パーツを背面に収納

片手で運べるハンドル


クリアなサウンドを広いエリアに均一に出力

  • 高域用スピーカーは、独自の“Directivity Control Geometry”技術に基づき、6基のドライバーを緻密に計算された角度でライン状に配置。音の干渉を最小限に抑えながら優れた遠達性を実現し、クリアなサウンドを会場の後方まで均一に届けることが可能です。水平のカバレージ角も広く、1本で隅々までカバーできます。
  • 高域用スピーカーは、連結パーツの使用本数により3段階から高さを選択できるので、設置場所に合わせたセッティングが可能です。
  • 10インチのドライバーを採用したサブウーファーは、“slip stream”設計により、乱流を抑えて伸びと深みのある低域を実現しました。
  • 380Wの高出力パワーアンプがドライバーの性能を最大限に引き出します。最大音圧レベルは118dBを達成しました。

広い会場も均一な音質でカバー
  
3段階から選べる高さ

Bluetooth入力にも対応する多機能ミキサーを内蔵

  • モノラル入力×2、ステレオ入力×2の6chミキサーを内蔵。モノラル入力はXLRと標準フォーンに対応し、マイク/ライン・レベルの切り替えや高域/低域のトーンコントロール、リバーブ機能が利用できます。ステレオ入力は、標準フォーンやRCA、ミニフォーンでの接続が可能です。さらに、Bluetoothによる音声入力にも対応し、スマートフォンなどを使用してBGMをワイヤレスで再生できます。
  • RCAのモニター出力を装備しており、スピーカーの増設はもちろん、録音機器の接続にも便利です。
  
Bluetoothによる音声入力に対応
 
ミキサーの操作パネル

 



仕様


周波数レンジ(-10dB) 37.5Hz~18.5kHz
指向角度(水平×垂直) 100°×50°
最大音圧レベル 118dB SPL(ピーク)
ドライバー構成 LF 10インチ(254mm)
HF 2インチ(51mm)×6
パワーアンプ 380W(LF:250W+HF:130W)、Class D
入力 チャンネル数 6(2モノラル+2ステレオ)
端子・形式 CH1/2:XLRと標準フォーン(3P)対応の複合型端子
CH3/4:標準フォーン(3P)またはRCA
CH5/6:ステレオ・ミニフォーン
インピーダンス CH1/2:40kΩ(バランス)
CH3/4:【標準フォーン】20kΩ(バランス)、【RCA】5kΩ(アンバランス)
CH5/6:10kΩ(アンバランス)
出力 端子・形式 モニターL/R:RCA
イコライザー 高域/低域:±12dB、シェルビング
電源 AC100V、50/60Hz
消費電力(1/8出力時、ピンクノイズ) 120W
エンクロージャー ポリプロピレン製、黒
寸法(W×H×D) 使用時(最大) 373×2,017×498mm(除突起部)
収納時 373×596×498mm(除突起部)
質量 20kg
付属品 電源コード、和文取扱説明書


■寸法図
 


このサイトには、税込価格(税率8%)と税抜本体価格を併記しています。